揺れるナックルボールは草野球で通用するのか?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
体感速度は130キロ
最近みんなで練習をしているのは「バッティング練習」

トスバッティングとか、軽い素振りとかはあったけど
みんなほとんど壁にボールを当てることだけをしていた。
バットを持って練習をするというのはほとんどなかった。

一応使ってるのはこれ

ボールはこれ専用


ではなく安いやつの
これを使っている


形状は同じ。固さが少し違う。
表面の強度も違う。さすがに安いだけあってボールが安定して出てこない。

が、それがまた良い。
同じ速度のボールばかりではあまり良い練習にはならないが
この安いボールは強烈に伸びのあるボールが来たり
チェンジアップのような遅く沈む球もくる。

そしてマシンをかなり近くまで寄せて使っているので
体感速度はかなり速い。

うちはただでさえ速球派に弱い。
それにカーブなどの変化球が混ざると全く打てなくなる。
相手が弱いチームだとそこそこなんとかなることもあるが
この前みたいな強いチームとあたると酷いことになる(笑)

マッスル、ハマオ、つばさの3人で
この2試合全部で18打席あったが、
塁に出たのはつばさの四球1つのみ。

これでは駄目だとみんな今猛練習をしているところ。
すぐには無理だが少しずつでも結果が出てくると
もっともっとみんなもやる気が出てくるというもの。
是非とも頑張って欲しい。
マッスルのバッティング


昨日ふと試してみた感覚。
マッスルのバッティング向上作戦。
イチローの体重移動を意識してやってみるとスムーズにバットがでるようになってきた。
さらにこの動画でますます感覚をつかんできたようだ。

今日バッティングマシンを使って打ってみたがかなりいい感じだった。
さて、今度の試合どうなるのか非常に楽しみである。

マッスルの力があれば軽くスタンドインなんだけど
うまく生かし切れていない。
これで開眼なるか!?
打ち込み
今度の早朝野球に備えてマッスルとハマオが打ち込みをしている。
マシンを使ったバッティング練習なのだが、今回新たなバッティングフォームで調整中だ。

振り回すのではなくインパクト重視のスイングで、バットにボールを乗せて運ぶような感じ。
今はそのスイングのコツをわかりやすくするためにバットの握りを左右3cmほど開いて握っている。
握りを広げることで上手くバットが振りきれない。
その代わりにインパクトの瞬間右バッターなら右手が伸びきるのでそのポイントがわかりやすい。
左手でミートポイントまで先導して、右手が追いついてきた瞬間にインパクトを持ってきて、あとはその右手の勢いだけでバットが回る。
打った後はバットがバックスクリーンを指しているような感じ。

この練習方法を昨日から行っているのだが、2人とも明らかに打球の質が変わってきた。
今度の試合が楽しみになってきたよ。


今日は少しボールを投げてみた。
思ったより疲労が少なかった。
ナックルの練習までは出来なかったけど、最近は肩の疲労ばかり気になってたから
試合までゆっくり回復させないとな。


それと今日から試験的に始めたダイエット。
その名も「水風呂ダイエット」

昼休みにホームセンターで買ってきたどでかい桶。
その中に水を入れて海パンを履いて30分くらい入るだけ
暑さも和らぐし、入った後の午後からの仕事も快適。
しばらく続けてみようと思う(笑)
新しいボール
ライトフライトマシンを使ってのバッティング練習。
今まではこのボールを使っていた

軽くて遠くまで飛ばないので狭いところでも大丈夫。
しかしボールの軌道が軽いボール特有の伸びてくるような軌道で
打つ手前で急速な減速をする。
わかりやすく言えばピンポン球がでかくなったような。

そして今回、室内に移ったと言うことで

このボールに変更しようと思って注文した。
仲間でウレタンが詰まっている。減速も普通だし、野球のボールに非常に近くなる。

これからが楽しみだ!
打率の計算
なくるさん。これですね!!
http://www.sanspo.com/baseball/top/tig200712/tig2007121008.html
おー!阪神も思い切ったことをしますな。
しかし本人が日本に来る気があるのかどうか…

多分レッドソックスとホワイトソックスのナックルボーラー対決というのがあったはずで
その時少しだけTVで見た記憶がある。
ナックル自体のコントロールが少しまだ不安定な気がした。
ただ、フェルナンデスにはないストレートとナックルの球速の違いがある。
彼のストレートは135キロくらい出ていた。
ストレートに限って言えばウェイクフィールドよりも速い。
後はナックルでカウントを悪くしてストレートをねらい打ちみたいな形だけ気を付けなくてはいけないね。
まぁそんなことは本人が一番よく分かっていることだと思うけど。


さて、今シーズンもあと1試合を残すのみとなった。
ハマオが最終戦に参加できないため、ここで今期の打率が確定した。

2006年 .086
2007年 .260
ものすげー上がってるじゃないか!(笑)

次にマッスル
2006年 .209
2007年 .298
上がってるよ!上がってるよ!
最終戦を残して3割目前!
次の試合5打数2安打で達成だ!


2006年 .445
2007年 .380
下がってるよ!!!(笑)
去年が出来過ぎと言えばそれまでなんだけど、今年は全体的に相手のレベルが高くなっていた。
それで下がったとと言うのもある。

しかしそれでも尚かつ打率を上げた2人は大したもんだ。
見る限りまだまだ2人とも頑張れば.350くらいは打てるようになるはずだ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。