揺れるナックルボールは草野球で通用するのか?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
KSG-J7の型付け

まさおさんの息子もJ7を買った。
一応お店で湯もみ型付けをしてもらったらしい。
が、フジモトスポーツとの型付けとはまるで違う感じ
右がうちの息子で左が友達。
土手の部分が逆巻きか順巻きの違いがあるようだ。

当て捕りというのがよく分かるのが次の一枚。

20100504B.jpg
上から見ると一目瞭然。
ポケットの深さが違う。

ただやはり力のない小学低学年では当て捕りはかなり難しいようだ。
ポケットが深いとスポッと入りさえすれば捕れる。
当て捕りはしっかりと両手で受けるようにしないとうまく捕れない。
特に逆シングルで捕るにはかなりの技量が必要となる。

20100504C.jpg
背後からの写真。
全く別物に見える。
手入れの部分も違うようだ

オーソドックスなタイプと、マニアっぽいタイプのようだ(笑)
久保田スラッガーラベル交換
20100501.jpg
KSG-J7のラベル交換をした。
なにが良いか寸前まで悩んでいたのだが、廃盤の赤いのがあると聞いて即決
ネットとかで見ていても廃盤で赤があるとは知っていたが、まさか交換できるとは思っていなかった。

交換してもらったのは当然フジモトスポーツ
グラブを持ち込んで交換してもらおうとしたら店長は湯もみの作業中
「これが終わるまでちょっと待っててくださいね」と

おうおう。
実際目にする初めての湯もみ
これは興味津々。どうやって作業しているのか食い入るように見ていた。
バケツにお湯をためていたのでどのくらいの温度なのか非常に気になるところ。
一瞬の店長の隙をついてお湯に指を突っ込んでみた。

ほうほう…(笑)
たぶん企業秘密なのだろうからあまり触れないでおこう。

それがすんで息子のグラブを差し出す。
さほど柔らかくなっていないので、少しばかり揉んでもらった。(スチームにもかけてもらう)
グイグイ揉んでいるのだが、どのように揉んでいるのかを死ぬほど注意して見た。
なるほど。そういうことなのかと。

あと手入れ部分の調整とかもしてもらって作業終了。

赤いラベルがあったことで息子は大満足の様子。よかったよかった。


それから自分もグラブに手を入れてみた。

おおお!!
以前とは全然違うぞ!
これは捕りやすくなってるじゃないかぁ~

藤本店長ありがとうございます。

少しだけど当て捕りグラブの事や、型付けのことなど話も聞けたし。
が、予約しているKSG-J4はかなりの順番待ち・・・
これはもう今シーズンは無理かもしれない…

ハァ~
枠を追加
20100330a.jpg20100330c.jpg
20100330b.jpg20100330d.jpg

今回新たに枠を追加した。
2m×3mを2つ。
今日枠が制作完了したと言うことでネットも急遽張って完成した。疲れた~(笑)

できあがりですぐに写真を撮ったからかなり散らかってるけど。
2way方式なのかな? KSG-J7


子供用に買ったグラブなのだが、特徴としてはやはり久保田スラッガー特有の型付けで
「当て捕り」というのが上げられる。
親指と人差し指の間に折り目が付けられているのでグラブの面が平らになる
それでボールを当てるようにして捕ることで、捕球から送球までの速度が飛躍的に上がる
これは両手でゴロを処理するという基本形な動作も要求されるので、子供の頃にしっかりと教えておくと良いかもしれない。

で、上の写真の状態からボールを捕球する時の指の使い方は
人差し指と中指を押す出すような形になる
20100319a.jpg
20100319b.jpg

分かりにくいかな。
で、この状態でボールを捕ると
20100319d.jpg
こんな感じになる。
片手で捕るとボールが弾き飛んでいきそうになるためにしっかりと両手で捕ることが必要。




が、しかしこれだけでは実践時に困る。
前後のフライや、逆シングルなど両手で捕ることが困難なとき、この当て捕りでは取り損なう
そこでどうするのかなと思っていたんだけど、このグラブをよく見てみると
微妙にシワがあった。
あ、もしかしてここで折り目が来るようにグラブを閉じるのかなと。
20100319f.jpg

その赤い線の部分を使うとこういう感じになる
20100319c.jpg
ポケット部分が少し深くなるような感じ。
これなら片手でも十分捕球することが可能になる。


比較するとこんな感じだ。
20100319e.jpg
20100319d.jpg

詳しいことは全く分からないけど、2通りの使い方が存在するのかなと。
勝手に思いこんでるんだけど、実際はどうなんだろう。
まだまだ使い込まれていないので固いのだが、来年の春から息子が野球少年団に入るので
それまでどんどん使わせて手に馴染ませていかなければ(笑)

握力とか腕力が全然ないのでうまく捕れないけど、そのうち捕れるようになるだろう。(笑)
88cm

つばさのオーダーバットが届いた。
注目すべきは長さ
なんと88cm

これは長い!

タイカップモデルなので短く持つので88cmでもぎりぎりいける感じだ。
私のバットも86cmで長い方だがそれよりも長い。
1cm違うとかなり違いを感じるが・・・・

つばさはこれで3割5分いけると豪語している。
ま、プラス思考だけは評価する(笑)


そして気になって気になって
ついに改造してしまった。
20100212b.jpg
グラブを閉じるときに突っ張り感があったんだけど
ここを緩めることでグラブの開閉が非常に楽になった。
色の違いがはっきり出過ぎているが、そのうち馴染んでくるかな?(笑)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。