揺れるナックルボールは草野球で通用するのか?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
逆をつく
この前の試合、なにげにヒットを打たれていたのだが
それはまぁストライクを取りに行った緩いスライダー(カーブ?)だったりする。
その原因はカウントを悪くしたというのが痛かった。

で、当然ピンチになってくる。
こういうときは気持ちもナーバスになってきたり
ヒットを打たれて点を取られたらどうしようとか思ったりもする。

しかしそういうピンチや逆境に絶たされたときでも
目の前にいるバッターに対して最善の組み立てをする必要がある。

バッター心理として
「ここはチャンスだ!一本打ちたい!」という気持ちになっている
ではそういう場合バッターは何を待っているのだろうか
どんなタイミングで待っているのだろうか
ということに集中しなければいけない

この前の試合、ここで打たれてはまずい場面があった。
しかもそのバッターはタイミングが合っているためにナックルで抑えるのは確率的にも少し低い感じがした。
当然バッターもナックルなら打てるという気持ちになっているだろう。

そこで初球はスライダーから入った。
ストライク。

次はシュートを投げた。ストライク

その2球ともストレートの8割くらいの速度。
もちろんそれは次の1球のために考えて投げたボール。
同じ球を続けないようにスライダーとシュートを投げた。

そして追い込んだ後にこん身のストレート。
バッターとしてみれば2球来たボールはナックルではないことくらいは分かっているはず。
ストレートはこのくらいの速さなのか。というイメージを植え付けさせる。

そして追い込んだ後ではバッターはいつものような心理になる
「追い込まれたら変化球」
そう。遅い球が来ることがあるといういつものパターンに持ち込む必要がある。

そこにまさかの予想外であるさらに速い球。

結果、バッターは高めのストレートに手が出てしまいハーフスイングで三振だった。

ずっとナックルばかりを投げている投球から一転し、1球もナックルがない投球も時として投げる。

そういうのを見せておくと決め球にストレートが来るとやっかいだと相手ベンチに印象づけられる。
そうすることによってさらにナックルが効果的になってくる。
魔球を魔球にするために
先日の試合はあわやノーヒットノーランという見事な内容だった。

そのことだけを見ると
「ナックルボール=魔球」
もう万能の変化球を使って勝ったように聞こえるかもしれませんが
実際はそう簡単なことではありません。


私が使う投球術。
ポイントはココです。

どうしてもナックルだけでは抑えることはできません。
変化しないこともあればコントロールに苦しむこともある。
1試合を通して波が出てきてしまうかもしれない。
悪いリズムの時に大量失点をしたのではなんにもなりません。


ここの読者で何人の方が実際の試合でナックルボーラーとしてマウンドに立っておられるか分かりませんが、ナックルだけではどうにもならないことは分かって頂けると思います。

ではそこに何を付け足すのかと言えば他の球種と言うことになります。
ナックルを生かすも殺すもこの3割から4割をしめる他の球種で決まります。
ホントはもっとナックルの比率を増やして8割くらいに持っていきたいのですが
実際はまだそこまでナックルの技量が追いついてきていません。
そこまで来るとフェルナンデスを通り越しウェイクフィールドレベルだと思います。


まず大事なのは相手の裏をかく方法
心理的優位に持っていく方法
その為にしておく下準備





ストレート編

追い込むとストレートが来る。
あまりにもわかりやすい作戦ですがまずはこれで良いのです。
普通はストレート主体で追い込まれると変化球が来るという、そう言う野球を何年も積み重ねてきている人からすればナックルボーラーの組み立てはまさに逆と言えます。

打者が1巡するまではこの「追い込んだらストレート」という意識を相手チームに植え込みます。

最初は相手チームも
そうなのかなぁ~?
追い込んだらストレートが来るのかなぁ?
と半信半疑かもしれませんが、1巡するくらいまで続けていると、そのうち相手ベンチから
打者が追い込まれたときに

「速いのがくるぞ!」というアドバイスが飛んでくるようになります。

まずは作戦成功です。

2巡目からは追い込む前にいきなりストレートを投げ込みます。
初球だったり、2球目だったり。
バッターの頭の中にストレートが全くない時を狙って投げます。

ここでカウントを稼ぎ投手優位に持っていきます。
この方法は以前にも書いたことがあるので知っている方もおられるでしょう。

いわばこれはナックルとストレートの組み合わせの基本の形となります。




スライダー編

追い込むとストレートが来る。
途中からでもストレートが来る。

いつ来るか分からないがストレートは来る。
ナックルは打ちにくいからそのストレートだけにタイミングを取っていれば
カウントが悪くなったときとか、追い込まれたときはストレートのタイミングで待っていればいい。
速い球を待っていて、ナックルが来ても当てることはできるだろうから怖くない。

と言う意識を持ってバッターボックスに立ってくる人もいます。
というかだんだんこういう人が増えてきます。

そこで敢えてストレートが来そうな雰囲気な時に速いボールを投げます。
しかしそれはストレートではなくスライダー。
外角に逃げていく。

打者としては投げた瞬間ボールの軌道がナックルとは違うことに気が付き
ストレートをケアしていたまさにその瞬間
「ストレートが来た!」と思います。

が、実際それはストレートではありません。

普段の対戦を考えると、ストレートが来るか、スライダーが来るか分からない状態で
山は張ってもどちらにも対応できるようなスイング、タイミングを取ります。

しかしこの場合全くスライダーが頭にない状態で投げてきます。
ストレートと思いこんでうちに来てるバッターに投げるスライダーは非常に効果的です。


スローボール編

ナックルボーラーと対戦する場合、普通のバッターは見てきます。
初球から打ってくるようなバッターはあまりいません。
どんな球なのか、どういう軌道を描くのか?というのを見ます。
が、ごく希に打ってくるバッターもいます。

そう言う打ち気満々な打者に対して有効なのがスローボールです。
若くて野球経験者の打者が比較的この傾向があるように思えます。

初球を打ってファールとか、そう言う打者に対しては
次にストレートを投げます。ストライクではないボールで良いです。

ナックル=遅い球
ストレート=速い球

この2つしかないと思っていても、まだ超スローボ-ルというモノが残っています。
ナックルの球速を基準に速いか遅いかというただそれだけです。

こういう打ち気満々な打者に対しては超スローボールは有効です。
気が先走っているので打ち損じてくれます。
ただし慣れないうちは投げるのに勇気がいります。
超スローボールほど打たれて後悔するものはありませんから…
でもこのボールも相手の裏をかくうえで重要なボールになります。

仮にそのボールを見逃したり、ファールになった場合。
次の球はスライダーを投げます。

1球目 ナックル
2球目 ストレート
3球目 超スロボール
4球目 スライダー

この4球目のスライダーですが、2球目のストレートが大きな意味を持ってきます。
スローボールを見た後では、そのボールよりも速い球が来ると予測します。
ピッチャーとしてもストレートが投げたくなります。
バッターもストレートが頭にあります。
遅い球の後の速い球で勝負してくると読んできますが、そのさらに裏をかいて投げるのがスライダー


と言うようにただナックルを投げ込めば勝てるというものではありません。
ナックルボーラーとして試合で勝つ最も可能性の高い選択を積み重ねていくことで
安定感が増し、大崩れを防いでくれます。
また失点も最小限で止められます。


上に挙げたのは
ストレート編
スライダー編
超スローボール編
の3つでしたが、これにシュート編、コース別編とか色々あります。
長くなるのでここまでにしておきましょう(笑)

もちろんこれは各投手によって個性がありますのでみなさんに当てはまるものではありません。

投球術、配球術としての一例です。
参考になれば幸いですね
心理的攻防
昨日は完封できた。
ナックルボーラーとしてだんだんと成長している証拠に違いない!(笑)

では実際にどんな投球をしていたのかという話。


僕のスタイルはナックル中心で、たまにストレート。
まぁ大体のナックルボーラーならこのスタイルなのだが
問題はいつナックルを投げるのか?いつストレートを投げるのか?
と言うところがポイントとなる。

普通の投球ならば常に相手の逆を狙って投げるのが基本となる
だからバッターは
「どっちが来るのだろう?」という予測をするわけだ。
どこにでもある普通の状態。

しかし今回僕は
打者にストレートが来るかもしれない
という状態でストレートを投げるのではなく
ほぼ100%ナックルを待っているところへストレートを投げると言うのをテーマにした。

それには当然下準備がいる。
ナックルが来るだろう。という場面でナックルを投げる。
ただそれだけ。

ナックルが来るだろうと言うところへナックルを投げるから
打者はもちろんベンチにいる人までもナックルに意識を向けさせる。
当然ナックルだけではなくナックルと同じ速度のカーブとシュートを混ぜて
カウントを取ることもある。
多分ベンチからは何を投げたのか分からないはず。(多分だけど)
ただストレートじゃないことだけは分かるはずだ。


そしてピンチではない時には敢えてナックルで押しておく。
ストレートの速度と感覚を与えないためだ。

それと序盤にナックルで追い込んでからストレートを投げておくのもポイントだ。
追い込まれたらストレートが来るというイメージを与えておく必要がある。


そして終盤ピンチを迎える。
バッターは好打者。
しかし今日はその打者にすべてナックルを投げている。
初球100%ナックルのタイミングで待っている。
そこでストレートを今日始めてその打者に投げる。
全く手が出ずど真ん中を見逃した。

初球予想外のストレートでストライクを取られる。
普通ならここで勝負アリだと思う。
バッターの心理は非常に複雑になる。

ストレートが来た。
もしかしたらこの場面ストレートで押してくるのか?
だとしたら次もストレート?
手を出さないと追い込まれる。ここはストレートのタイミングで待っておく必要がある。
多分バッターの心理はこんな所だろうと思う。

そこで初球のストレートだが、ナックルボーラーのストレートはプラス10キロくらいに見える。
これは大きな効果だ。

その錯覚のまま次にナックルが来る。
ナックルが来ると思ってナックルが来る場合と
ストレートかもしれないと思ってるところにナックルが来る場合では
当然後者の方が打ちにくい。

結果打ちとることが出来た


前半は追い込んでからのストレート。
後半は初球、2球目のストレート。
これが大きな威力を発揮する。
もう一つの選択肢
さて、今回の試合。
漫画「ワンナウツ」の打者との心理戦を有効活用しようといろいろ試してみた。
いやぁ~面白い。
これでさらに投球の幅が広がったのは確実。

まず今までの投球としては
ナックルボールは球速が遅い。だから遅い球が主体となる。
そして時折見せるストレート。
これは非常に打ちにくい。

ただし、一つ問題がある。
ナックル主体で投げるピッチャーと打者との実力差の問題。

簡単に言えば打者は何を待っているのか?
ここに尽きる。
ナックル主体でもナックルの変化に対応できると判断したバッターは
ナックルで球種を待つ必要はない。
ナックルの速度とタイミングをベンチなりネクストバッターサークルで計っておけばOKだ
怖いのはいつ来るか分からないストレートを投げ込まれた時だ。

そこでバッターは常にストレート主体で待つようになる。
通常はストレート主体で待っているのだから普段と変わりない。
ナックルが来るであろう。しかしストレートが来るかもしれない。
とりあえずストレートで待っておいてナックルが来ても対応しよう。

このくらいの気持ちで待っている。
そして追い込まれた時はストレートが来るだろうと言う可能性を少し上げる。
多分僕もとりあえずは草野球レベルのナックルボーラー相手だとそうすると思う。

現にナックルで追い込んでからもストレートに普通に対応してヒットを打っていた打者はいた。


逆にナックルで待つというバッターもいる。(こちらが大半か)
見たことがない、又は慣れていない球種を主体で投げてくるピッチャーの球に目を奪われて
「合わせないと!」という気持ちからナックルを待つようになる。

普段はストレートを待っているのに対し、今回は変化球を待つという事になる。
慣れない状況にちょっと混乱するバッターもいるだろう。
それはそれでこの時点でピッチャーのアドバンテージが生まれる。
ナックルボーラーの利点でもある。


そして話を戻そう。
ストレートにタイミングを合わせているバッターに対しての組み立て方法。
もちろんバッターにはストレートが来るかもしれないという頭にしておく必要がある。
そして追い込むまではナックルで攻めればいい。
もしくはカーブやスライダーなどでストライクを取りに行っても良い。

問題は追い込んでからだ。

追い込めば当然ピッチャー有利になる。
後は打者との1球勝負。最後の切り札をどこで出すか。
カウント2-0。
ここからボールになっても良いようなナックルを投げる。
出来るだけテンポはゆっくりと。
そしてもう一球ナックル。ボールで良い。
少しいらつく感じを出す。(ここがポイント)



カウント2-2
そろそろストレートが来るんじゃないのか?という気持ちが強くなるころ。

好打者なら当然働く思考。
ナックルでボール、ボールと来たら次ナックルは投げにくいハズ。
せっかく追い込んでおいてナックルでストライクが入らないようだ。
それに無理して投げて2-3のフルカウントにしたくないだろう。

だから次の球種はストレートの可能性が高い!

という判断をするはずだ。


そこで、投げるボールはなにか?と言うことになる。
で、実際にワンナウツの真似をして決め球を投げた!



超スローボール


バッターは手も足も出ず見送り三振。
ワンナウツ
「ワンナウツ」


友人から面白いと勧められて読んでみた。
といってもまだ3巻の途中だけど。
しかもハマオが買ってそれを借りてるんだけど(笑)

いやぁ!面白い!
こういうバッターとの駆け引きというのは得意分野なので非常に参考になる
もっと早くこの本に出会えていたらと思うほどだ。

今度の公式戦はこの手法を多分に取り入れていこうと思う(笑)

早く続きを読まなければ!!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。