揺れるナックルボールは草野球で通用するのか?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ランナー3塁の時のサード
それではもう一つ野球戦術に関しての考えを。

ケースは0アウトもしくは1アウト3塁の場面です。
このときサードは牽制球のためにベース付近にいるのが一般的ですが
過去のケースを振り返ってみてもこの行為は無駄ではないのか?

ここのでケアは内野ゴロの間にホームイン。スクイズ。
この2つでしかない。ホームスチールというものあるがレアケースなので問題視しない。


で、私のチームではこれからはサードの守備はベースに付かないと言う作戦に変えた。
守備優先にすることにより
三遊間のヒットを阻止できるなどメリットはある。
スクイズを警戒する場面ではベースよりずっと前に守備位置を取ればいい。

デメリットはランナーのリードが増える点だ。
だが、実際にサードがベースから離れて守ったときランナーは余分に何歩リードがとれるのか?というのがポイントとなる。
あまり多く出てもサインプレーでサードが入ることもできる。
アウトにできなくても警戒させるだけでも十分だ。

ランナーとしては牽制球でアウトになるのだけは絶対に避けなければいけない場面だからだ。
そしてもう一つ。

ランナーが大きなリードをしているところに守っても良い。
普通ベースに入っていない野手に牽制球を投げると遅延行為としてボークが適応されるが
野手がランナーにタッチできる範囲にいるときに限りボークは適応外となる。

例えば満塁で内野が前進守備をしたとき
セカンドランナーはショートの後ろまでくらいリードを取ることがある。
このときショートの本当にすぐ後ろにリードを取った場合、投手はそのままショートに投げることができる。この場合は牽制球ではなくアウトを取ることを目的とした送球と見なされる。

だからサードも前進守備の時はランナーはリードを大きく取ることができない。


当然2アウトの場面ではサードの守備位置は定位置となるのがセオリーだ。


この作戦なのだが、最初に上げたホームスチールのケース。
これは「ピッチャーが油断しているとき」と言うのが前提となるが、
サードがベースに入らないことで、普段より多くのリードを与えていると言うことでいつも以上にランナーのリードには敏感になっていると思われる。
牽制球を投げないのだからケアするのはホームスチールだけだからこのことは容易である。



スクイズを意識して投球と同時にサードがダッシュ。
ピッチャーは外角へ外す
ショートがサードのベースカバー
キャッチャーの送球でタッチアウトを狙うという作戦も使えるチームはあるだろう
(うちはまだまだそんなレベルではないが)


この作戦は統計を取っていないので実際にどちらが有利なのかは分からないが
比較的よく飛んでくるサードの守備範囲を広くすることが最大の特徴。

うちのチームは当分この作戦で行く予定だ。


とりあえず今までの経験から
内野ゴロでランナーがホームに突っ込み間一髪アウトやセーフという場面はほとんどと言っていいほど無かった。というか一度も記憶がない。
その逆に、三遊間を抜かれたというのは何度かある。
これだけでもこの作戦をとる意味はありそうだ。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。