揺れるナックルボールは草野球で通用するのか?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
諸刃の剣
疲労と負荷が強い


タメを作り、ステップ幅を大きくして球速を出したナックル。
変化も当然よくなる

しかし、試合翌日からの疲労度が半端ではない
本来なら次の日は肩にハリがあって投げることを控えるが、2日目からは何とかキャッチボールが出来る。
3日目にはギリギリ試合が出来るくらいの回復(しない方が良いとは思うが)

が、ここ2試合連続で球速を意識した投球をしている。
前回も試合翌日から筋肉痛とは別になにか筋か関節か何かに痛みを感じていた。
あれ?痛めたのかな?と言う感じ。

それでも3日目、4日目には回復していた。

で、今回。
5日目にしてもまだ痛い。
試合翌日とか、2日後とかはもっと酷かった。
普段痛くならないような場所にも痛みがある。

幸い次の試合までは時間があるのでゆっくり痛みが治まるのを待てばいいのだが…


ちょっと球速を上げて投げるというのは体に負担が大きすぎるのかもしれない。
いや、大きいに決まってる(笑)

筋力的なものが追いついていないのか。
投げ方が悪いのか
その両方なのか

毎回ここまで痛みを感じてしまっていたのではそのうち本当に故障してしまいそうなので
しばらくはこの投げ方も封印しておく必要がありそうだ。

この冬にしっかりと体を作って球速は来年からと言うようにした方が良いのかもしれない。
コメント
この記事へのコメント
はじめてコメントさせていただきます。
先日軟式野球部を引退したばかりの
中学3年生の「健全な」男子です^^

僕も引退後からナックルの練習をしてます
まだ相当回転しているので、おそらくは
あと半年かかって5回転~10回転くらいに
抑えられるくらいじゃなかとかなり謙虚

それでもめげずに頑張っております。
僕はまず無回転を目指すところから入り
そのあとコントロールをつける予定です

今は目測18mくらいから投げてますが
やっぱり最初は近い距離からのほうが
感覚をつかみやすいですかね???

管理人様の意見をお聞かせください
ぜひとも参考にさせていただきたいので

それでは、また訪問させてもらいますね♪
2009/08/22(土) 12:28:30 | URL | ユウ #ChqiZwMU[ 編集]
はじめまして

練習頑張って下さい。
半年も練習をすればすぐに無回転は作り出せると思いますよ。

それと最初はやはり近くから投げた方が良いと思います。
確実に無回転を作り出すことから始めて、無回転の感覚を数多く体に覚えさせるのが良いのではないかと思います。

いきなり18mを投げようとしても独特の握りですし、投げ方も通常とは異なるために、変なところに力や、負荷がかかってしまいどこかを故障してしまうかもしれません。

私も投げはじめはよく脇腹から背中側が痛くなって苦労しました。

その後コントロールを身につけていくと言うことですが、これは自由で良いと思います。
ある程度無回転を身につけた後は、投げた後ボールを目で追わずに、しっかりと目標物(キャッチャーミットなど)だけを見てそこに投げ込むという方法が良いと思います。

ま、参考程度に(笑)
2009/08/24(月) 09:11:00 | URL | 岡山 #-[ 編集]
とても参考になりました!
案の定、昨日から今左肘が痛くて(笑)
あ、言い忘れてましたがサウスポーです

しばらく肩と肘を休めてから
アドバイス通り頑張ってみます!

これからもちょくちょくコメントしますね~♪
2009/08/24(月) 10:31:18 | URL | ユウ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。