揺れるナックルボールは草野球で通用するのか?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いやぁ~野球は面白い!
コメントにもありましたが
高度な野球
軟式と硬式
というような条件下では得点する期待値が変わってくるのではないか?
同じ野球でも別物のスポーツと捉えるべきではないか?という話


その話を自分なりに突き詰めてみようと思います。

まずレベルの高い軟式野球ではなかなか得点が入らず
大量得点よりも1,2点をいかに取るか?という作戦になってくる。

ここの部分ですが、それはあくまで結果論で、期待値の積み重ねが最終的な得点になるものだと思います。
点を取らなければ勝てない野球で、もっとも得点が期待できる作戦をとるべきなのは誰もが分かると思います。

さらに得点率、平均得点の話をしてきましたが
投手が有利になるとされる軟式野球の場合、その2つの期待値はともに下がるかもしれません。(プロ野球のデータと比較した場合)

が、それはどの場面でも下がることですので、投手が有利だからという理由で今までの期待値のバランスが大きく崩れると言うことはないように思います。
打撃での得点があまり期待できないと言うことは、もっと期待値を重視するべきだとも言えます。
意味のない作戦で得点率を下げてしまってはどうにもなりません。
大量得点を意識しているのではなく、得点の期待値を下げない作戦をとることが一番重要だということです。


送りバントの有効性は守備力が劣る場合にプラスαの期待ができますが
高度になってくるとその期待もできません。
プロが軟式をしたと仮定しても送りバントが定石となることはないはずです



飛ぶボールでする野球と飛ばないボールでする野球
軟式と硬式の違いですが、このことから違うスポーツになるというのはあまり考えられません
野球という非常に細かいルールが定められている以上ほとんど同じスポーツです。
飛ぶか飛ばないかというだけでは単純に守備位置の違いでしかありません。

違うスポーツになるという確たるデータでもあれば納得できますが
この場合でいうとそのデータというか具体的な話が無いために少々無理があるのではないかと思います。


エラー連発、ワイルドピッチも多発、四死球もあるなどと言う状態では得点期待値というものはあまり関係なくなってきますが、レベルが上がればあがるほどシビアに数字に表れてくるのは確実です
コメント
この記事へのコメント
ボールが飛ぶ飛ばないの違いだけとおっしゃいますが、これほど重大な違いはありますか?
 そこから発生する軟式でのライトゴロ。これだけでも、硬式にない展開が山ほどでてくるでしょう。ツーアウト三塁からのライトゴロでは、硬式ではほぼ100パーセント点が入ります。二塁にランナーを置いた場面ではワンヒットでホームに帰れる確立は軟式と硬式ではかなり違うでしょう。
 ツーアウト1塁から長打でホームへランナーを帰すこともボールが飛び長打の出やすい硬式ほど軟式は期待できないでしょう。
 一番簡単なのは、球場でする場合フェンスオーバーする確立が違うため、得点の確立、守備位置等全然違います。
 ですから、軟式の場合打低を前提とした作戦をとらざるをえないのでは。
 例えば、前述のツーアウト1塁では、多少のリスク覚悟で盗塁するとか、ワンアウト三塁からのヒットエンドランなどは軟式だから編み出された作戦なのでは?
 ツーアウト2塁で打者が追い込まれ不利になった時には、三塁への暴投を誘うようなクロスプレー狙いの三盗も有効な作戦でしょう。
 こういった作戦も、速い打球が打てヒットの確立の高い硬式野球では打つことより確立が低いからとられていないのではないでしょうか。
2009/08/23(日) 21:40:01 | URL | ボブ・デビッドソン #-[ 編集]
ライトゴロのケースですが、これはあくまでも軟式野球ではレアケースです。
しょっちゅうあるわけでもないし、高レベルともなってくるとライトの守備位置も深いのでさほど頻繁に起こりうるケースではありません。
そして何よりこのレアケースが全体の得点期待値にどのくらい影響してくるのか?と言うことですが、ほとんど影響はないと思われます。

スタンドインの可能性は極端に軟式が下がりますが、外野オーバーなどのケースは軟式でもかなりありますし、守備が前進している分スリーベースヒットなどは硬式よりも多く発生しているでしょう。

軟式と硬式の攻撃方法の違いは多少はあるかもしれませんが、ここで触れているのは

1アウト1,2塁と、2アウト3塁とでは圧倒的の後者が不利と言うことです

軟式の場合エラーや暴投などがあると言うことですが、そもそも投高低打と言う根拠には1点の重みが増すという意味合いが含まれていると思いますが
暴投を誘ったりする作戦が硬式より軟式の方がデータ上本当に有効な数値とあるならば、むしろ点が入りやすくなり、投高低打とは言えなくなってきます。

むしろ得点が入る機会が増えるとさえ思えます
2009/08/24(月) 09:23:03 | URL | 岡山 #-[ 編集]
もう一つ
私は統計学を元にしたデータで話をしています。
最も確率の高い攻撃方法を追求している考えです。

そこで
>そこから発生する軟式でのライトゴロ。これだけでも、硬式にない展開が山ほどでてくるでしょう。

この部分ですが、統計的にはこのデータは全く参考になりません。
このケースの展開が仮に山ほどあっても、全体としての割合が重要です。
野球におけるケースは無数にあります。
その中で軟式特有のライトゴロのケースは全体の1%未満でしょう。
2009/08/24(月) 19:30:59 | URL | 岡山 #-[ 編集]
ライトをしていた経験から言わせてもらえば、ツーアウト3塁のケースではよっぽど左の長距離打者以外では、ライト前では、点を入れさせないという位置に守りライトゴロで無失点に切り抜けようとしていました。
 僅差の試合が予想される場合長打のリスクがありながらも、こういった守備をよくしていました。
 レベルが高ければ、守備位置が深いから軟式でもライトゴロにはならないというように、簡単に言われてしまうと、硬式にはない軟式野球でのライトの難しさへの、理解が少し足りないのではと思います。
2009/08/24(月) 23:08:12 | URL | ボブ・デビッドソン #-[ 編集]
そのケースのみの話をしますと
3塁ランナーが帰ればサヨナラ
という場面以外では前進守備をする意味はありません。
ライト前に来て、尚かつファーストでアウトができるような打球が来る可能性は非常に低く、長打を打たれるリスクが高いためです。

そもそも
>僅差が予想される
という予想の根拠が実に曖昧ですし、なんの根拠もありません。
無謀な守備位置は余計な失点につながるだけです。
レアケースでのうまくいった経験が強く残りすぎるので偏った記憶が残ってしまいがちです。

すべては可能性の問題です。

1点を取られても仕方のない場面
これ以上絶対に取られてはいけない場面
色々と場面がありますが、サヨナラの場合のみライトでアウトにする守備位置でもいいでしょう。

レベルが低ければそもそもライトゴロでアウトにはできませんし
高ければアウトにできる浅い位置に守ることもありません。


根本的に確率論という統計データを持ち出して話をしているのですが、独自の主観とか経験というもので話をされるとずっと平行線のままかもしれません。
2009/08/24(月) 23:25:02 | URL | 岡山 #-[ 編集]
そもそものデータの話ですが
1アウト1,2塁と2アウト3塁とでは圧倒的に前者の方が有利で得点期待値も3倍近く違います。

そこへ軟式特有の現象が起きたとしても、この現象をひっくり返すのは非常に困難な数字でしょう。

軟式と硬式の違いはあるでしょうが、その差を感じ取るのはデータがない以上個人の感覚で違ってきます。
すごく違うという人もいれば、あまり変わらないという人もいるでしょう。

どちらが正解でも不正解でもありません。

ただ、違うとは言え、硬式のデータをひっくり返すようなすさまじい差は現実的にはありません。


硬式よりも軟式の方が点が入りにくいと言う現象ですが、硬式は9回まで、軟式は7回までというのも多少は影響しているでしょう。

さらに軟式は飛ぶボールとビヨンドマックスなどの複合バットの出現で多少は打者が有利な状況になってきているのも事実です。
2009/08/24(月) 23:34:40 | URL | 岡山 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。