揺れるナックルボールは草野球で通用するのか?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
投げた後のイメージ
今日の内容はあくまでも個人的な感覚であり
ほかの皆さんに当てはまるものでは無い可能性があります。
(要するに感覚には個人差があるということかな??)



ナックルを投げて打者を打ち取る

これができるようになってくるとほかの球種にはない不思議な感覚がある。



普通のピッチングをしていると
投げたボールに魂を込めるとか、気合いでストレートを投げ込むとか
いろんな表現があるがそれはあくまでも自分の意志で投げたボール
自分と一心同体になるような自分自身のボール。

投げたボールがキャッチャーミットに収まるか
打者のバットに当たり飛んでいくかの2つに1つだが
どちらも自分自身が空振りをとったり、自分が打たれたりするような感覚だ。

そんなことはたぶんみんな考えても見なかったことだと思う。
僕自身もナックルを投げるまではそんなことを考えたこともなかった。

しかしナックルを投げていくうちに、ほかの球種とは全く違う感覚を得た。


皆さんもご存じのようにナックルの変化は投げた本人にも分からない
変化するのかしないのか、右へ曲がるのか落ちるのか
変化するなら投げた瞬間からか、ミットに入る直前か

投げてみないと分からないと言う非常に特殊な変化球である。


投げてみないと分からないから、自分の意志とは少し離れたボールという感覚がある
だから投げた瞬間からボールは自分から離れてボール個人の意志によって飛んでいく感じ

うーん、伝えづらいな…(笑)

三振を取ろうとしたときの意識で例えると
普通なら「バットに当てられてたまるか!」という感じに対し
ナックルなら「頼む!バットを避けてくれ!」という感じだ


飼い慣らしたペットをキャッチャーめがけて放す
途中金属のバットの障害物があるがそこを避けてミットまで行ってくれ!
みたいな(笑)

このように投げた瞬間からあとはボール頼みという感じで
空振りや打ち損じを得た場合ボールを誉めてやりたくなるような。




おお!そうか
このたとえが良いかな?

槍を投げて獲物を捕るのが普通のピッチング
ナックルの場合は投手が鷹匠で、鷹が獲物を捕る。

これだこれ!(笑)




ナックルボーラーは鷹匠だ!
良い鷹を育てた者こそ良いナックルボーラーになれる!


これ意外に深いな…(笑)
コメント
この記事へのコメント
わはは^^

うまい例えがありましたね。

オイラの肩には、まだヒヨコがいるだけです(笑)
2009/08/09(日) 16:28:16 | URL | よう #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。