揺れるナックルボールは草野球で通用するのか?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
故意落球
この前の試合での一コマ

0アウトか1アウトかランナー1塁で、ピッチャーフライが来た

少し前に行って普通に捕球。
で、すぐさまボールを落としてみた

この日は正式な審判の人が来ていたので
すぐ
「故意落球!バッターアウト!」とのコールが出た。

でも、それよりも先に1塁ランナーがベースから離れたので
1塁へ送球。タイミングはセーフ。


しかしルール的には故意落球はコールがあった時点でボールデッドになるんだな~
始めて知った。
調べてみたら仮にインフィールドフライのコールがあればそちらを優先するとのこと

右手、もしくはグラブに触れてからの落球で
確実に捕れていると判断した場合にWプレーを防ぐ意味で故意落球の判断があるとのこと。
だからショートバウンドで捕れば問題ない。
この前メジャーで1塁ランナーにイチローがいて
セカンドフライを打った。セカンドの野手はわざとショートバウンドで捕り
1塁ランナーのイチローをセカンドでアウトにした。
ランナーを入れ替えることによって失点する可能性を低くした。
足の速いランナーより遅いランナーの方が守ってても楽だしね。


今度ランナー1塁でピッチャーフライが来たら
「え?え?え?」みたいなジェスチャーをして、グラブの土手に当てて
わざと落球してみようかと。
うまくいけばWSプレー。行かなくてもランナーの入れ替わり
最悪の場合はオールセーフ。


で、こういうプレーは汚い野球に分類されるのだろうか?
恐ろしいほどの頭脳プレーだと思ってるのは私だけだろうか(笑)

送りバントでランナー1塁、1,2類とかの場合
ピッチャー前にフライがあがった場合は楽勝で捕れるフライであっても
絶対に捕ることはない。
フライがあがった時点で大チャンス。
むしろ送りバントの作戦を仕掛けてくるときはピッチャー前にフライがあがれ!
と思っているほど。


あ、あともう一つ。
こちら側が攻撃で、ホームでクロスプレーがあった。
スライディングとミットが交錯する絶妙なタイミング。

判定はアウト。


このとき相手側のベンチから

あほかー!!
ホームを空けるな!!
スライディングが入ってくるだろうが!!
ベースの一角を空けてれば良いんだから、反対側の一角を空けとけよバカ!!
ブロックせーよ!!!

という怒号が。
試合中もこういう厳しい声がどんどんと飛んでいた。
先ほどの故意落球の時でも
ランナーが離塁したのを見て

離れるなよボケ!みたいな大声が聞こえたくらい。


で、話を戻して、クロスプレーの話。

よく間違えるのだが、ベースの一角を空けるというのはどこか一角ではなく
ブロックをしてはいけないという意味での解釈。
ボールを持たない状態でキャッチャー(野手)はベースとベースを結ぶ直線上にいてはいけない。
ブロックなどは論外

(アマチュアの場合)


怪我をしかねないのでブロックはしないようにしましょう。
しても走塁妨害をとられるだけですので。
コメント
この記事へのコメント
なかなか勉強されてますね。
僕も見習わないといけないなと思いました
2009/08/06(木) 16:39:22 | URL | マツヲ #-[ 編集]
管理人さんの野球戦術はすごく勉強になります
改めて野球は頭を使うスポーツだと思います
2009/08/07(金) 09:56:13 | URL | ナナシ #-[ 編集]
ありがとうございます。
何でもそうですが、スポーツをするからにはそのスポーツのルールというものをしっかりと理解していなければいけません。
知らなかったではすまされない場面やプレーがあったのではチームにとってかなりのハンデとなります。

特に野球には細かいルールが設けられているのですべてを理解するのは容易なことではありません…

そのルールを利用し勝利につなげていくという方法
この部分でしょうか。
2009/08/09(日) 14:59:57 | URL | 岡山 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。