揺れるナックルボールは草野球で通用するのか?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コントロールは重要だね
まだまだ気分的に落ち込んでおります。

今日は事故現場に花を手向けに行ってきました。
お昼前に行ったのですが、雨が降っているにもかかわらずすでにいくつかの花や御菓子やジュースが置いてありました。

その御菓子の中に「プロ野球チップス」があるのを見て心が痛くなりました。
野球少年だった彼のご冥福をお祈りします。



それでは先日の試合の話を。

この日は試合前のキャッチボールでなんかいやな感じがあった。
無回転にならず「あれ?」という感じ。
反時計回りに回っていた。

今日はさすがにやばいかな~?と思っていたのだけどすぐさま試合開始。
とりあえず投げるしかない。

それでもマウンドにたつといつもの感じで投げる。
まぁ無回転かな~と(実際には1回転くらいか)

もうあれこれ考えてもどうにもならないのでとにかく投げ込むのみ。
投球フォームの改善でよりストライク率が高まってきた。


とにかく真ん中めがけて投げるだけ。
あとは適当に散らばる感じだ。
結果的に7回を無四球完封できた。
同点だったので延長の8回以降は降板した。
一応無理はさけた。(午前中に助っ人で1試合消化してるし。投手はしてないけど)

ボール3も無かったような(1回あったかもしれないけど)
1-3とか2-3のフルカウントからでもナックルを投げる事を意識しようと思ったが
結果的にストライク先行で楽な展開だった。

この日はナックル比率100%を目指していたが
親父が「1球くらいは投げろ」という指示がでたので仕方なく(笑)
2球投げたけどなんかその2球の疲労度がすごい。


普通の投手はストレートを主体として変化球を混ぜる内容だ。
マラソンでたとえると少し速いペースで常に走っていて
たまに速度を落としたりしながら走るのに対し
私の内容は
常にだらだらとしたペースで走り、たまにダッシュをするような感じだろうか(笑)

そしてこのいきなり投げるストレートのコントロールが難しい。
どのくらい力を入れて、どこに向かって投げたらいいのかわからなくなる。
大体このあたりだろ!というような感じでアバウトに投げてる(笑)
このときの球速は速ければ速いほど効果が増すのでとにかく全力で。
フォームがナックル用なので出ていたとしても110キロ程度かも(笑)


しかし改めて思うのは試合でナックルボールを投げるのはコントロールが重要だなぁと。
カウントを悪くして自滅というのが負けパターンだしね
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。