揺れるナックルボールは草野球で通用するのか?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
細かいけれど
この前の1部での試合観戦で一つ気になったプレーがあった。

2ストライクに追い込まれたバッター。
速いストレートを外角いっぱいに投げ込むピッチャー。

コーナーぎりぎりに決まったボールの判定はストライク。

見逃し三振となった。

しかしそのときキャッチャーがボールをポロッと落とした。
真下に落ちたので、すぐに拾ってマウンドに転がした。

バッターは落としたのを確認していたのかしていなかったのかわからないが
トボトボと1塁側ベンチに歩いて帰っていった。

ピッチャーはストライクの判定を見た瞬間からマウンドを歩いて降りていた。
野手も駆け足で帰ってきていた。


はっきり言うとこれは打者にとって大チャンスだったのだ。


しかし打者はそのままベンチの方向へ歩いていった。
最近高校野球とか甲子園では半円のラインがかかれてあって
そのラインを超えたらアウトの宣告がされるようになっている。
こういう振り逃げの場合打者がそのラインを超えたら走る気なしと判断されるためだ。

ある程度歩いたのを確認して球審が「アウトの宣告をした。
そのアウトの宣告をしたときはライトの選手がマウンド付近まで帰ってきていた。


僕が打者なら、しばらくバッターボックス付近にとどまって
野手が帰っていくのを確認してから
それから猛ダッシュでダイヤモンドを一周する。
振り逃げで1点だ。


このプレーで何が悪かったのかというと
「キャッチャー」

落としたのだからバッターにタッチしなければいけなかった。
それをタッチもせずマウンドにボールを転がすなんて言うのは以ての外。
さらにピッチャーも落としたのが丸見えになってるのだから
キャッチャーにたちの指示を与えなければいけない。

これは実際に起こったプレーで
横浜高校がこの振り逃げ3ランで負けたという経歴がある。
コメント
この記事へのコメント
こういうプレーはたまに起きるんですよね。
選手は、3アウトを確実に取るまでは
少しも気を抜けません。

僕も少し似たような?経験をしたことが
あります。
ノーアウトランナー3塁の時に、バッターが
フォアボールで出塁しました。
三塁にランナーがいたので、内野手は
みんな極端に前進していました。
そこでバッターは、フォアボールで一塁に着くとすぐに二塁に向かって走り出しました。
ピッチャーは驚いて、思わず誰もいない
二塁へボールを投げました。
ボールはセンター方向に転がっていき、
三塁ランナーは生還、バッターランナーも二塁に進みました。
このとき相手守備は、タイムをかけていなかったため、プレーは続いており、
得点は認められました。

相手はただ驚くだけでした。

こんなこともあるので、気は抜けませんね。

あと、ひとつ疑問に思ったのですが、
ランナー一塁の場面で、ピッチャーが足を上げる、ランナーが走る、このときに盗塁
をされるとわかったピッチャーは二塁へ
けん制の投げ方で送球。
これはボークになるんでしょうかね?

2009/06/20(土) 16:47:25 | URL | マツヲ #-[ 編集]
投球動作に入っていたらボークになります

足を上げたと同時に気がついたくらいでしたら投球動作と取られるでしょう

走るのが先で、盗塁に気がついてセカンドに投げると送球となりますのでボークにはなりません

四球の後の走塁は好走塁でしたね
2009/06/20(土) 18:03:41 | URL | 管理人 #-[ 編集]
そう言えば少し前に中部日本放送の「サンドラ」という番組の変化球講座というコーナーでナックルボールを扱ったのですがご存知でしたか?
YouTubeにアップされているのでもしご覧になってなかったら是非。
そのコーナーの講師的立場の落合英二のコメントはイマイチですが、吉田えりさんが少しコメントをしているので参考になるかもしれません。
2009/06/21(日) 01:29:08 | URL | 通りすがり #-[ 編集]
ありがとうございます
今はもう見れなくなっているようですが

以前に見ることができました

イメージが大切だという話しだったように思います
2009/06/22(月) 18:38:30 | URL | 管理人 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。