揺れるナックルボールは草野球で通用するのか?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
肉離れ
この前の早朝野球の試合で右太ももを肉離れしてしまった。
試合中は気持ちが高ぶっているので少々の痛みだが
試合が終わってからとか次の日はまともに歩けなかった。
でも症状は軽い方だったので今ではほとんど治ってきてる
まずは一安心と言うところだろうか。

初回の送りバントをして1塁へ走っているときに違和感を感じていた。
その後走るたびに
「ヤバイ感じだな」と思っていたんだけど
2回目の送りバントをした後にもう痛くてうまく走れない状態だった。

肉離れをしていなかったらランナー1,3塁の状態で盗塁を試みているところだが
どうにもこうにも走るとやばそうだったので自重したら打球が襲ってきた(笑)
うまいことできてるね~シナリオというのは。


投球に関してはほとんど関係なかった。
肉離れしていても問題なく投げられた。
少しは痛かったけど痛いと感じるだけで無回転に影響は無し。
んで思ったのが
ナックルを投げる上で大腿四等筋は必要ないのではないか?と(笑)


何度かこういう軽い肉離れを起こしたことがあるのだが
自宅にある低周波治療器でビクビクさせるとあっという間に治る。
自分に合っているのだろう。


それとマウンドに行くとハッキリ分かったことがある。
相手ピッチャーは投げ方もかっこよく、球も速い。
その人の踏み出している歩幅。
マウンドからかなり離れているが、私のナックル専用フォームはすぐ近くに足跡がある。
距離にして30~40cmくらい違っていたかなぁ~

何度か自分の投げている姿をビデオに撮ってみたが(ナックル専用フォームで)
非常にかっこわるい(笑)
なんかもう適当すぎな感じ。イメージと実際のズレはこわいね(笑)


前回の試合でナックルが非常に巧く決まったおかげで
逆に悩んできた事が…
今までは球速にこだわって、いかに速いナックルを投げるか?と言うことに取り組んできたが
前回は無回転にこだわって球速も普段よりも5~10キロほど遅かった。
疲労度も少なくて済む。

一体どっちの方向でこれから行くべきなのか。
練習はどっちでしていくべきか。
両方使い分ける方が良いのか。はたまた片方を極める方が良いのか。


今現在での感覚だけで言うと
球速重視なら今の平均球速は75キロ。
これを頑張ればこの先85くらいまでなら上げられそうな気がする。
無回転重視なら平均球速68キロくらいか。
これを練習していけば平均速度75くらいまでなら上げられそうだ。

迷うな…
これは非常に迷う。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。