揺れるナックルボールは草野球で通用するのか?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
明日は早朝2試合目
ちょっと忙しくなかなか更新できないでいましたが
ナックルは好調そのものです。

日曜日にPTAのソフトボール大会があり、自分の地区は見事優勝することができました
9年ぶりの優勝と言うことでみんなで盛り上がりました。(私は参加2年目)
日曜は日差しも強く暑い日にもかかわらず3試合こなしたのでみんなヘトヘト。
20090610.jpg


明日の試合はかなり厳しいものとなるでしょうが
なんとか引き分け、もしくは1点差の僅差で負けると言うような試合ができれば二重丸。
レベルが違うので勝つことは非常に困難でしょうが、やってみなくては分かりませんので全力で挑みます。

ナックルの調子が良ければという前提ですが
頑張れば2点くらいで抑えられると思います。
あと相手チームが全体的にナックルを不得意としているとかの条件もありますが(笑)


ナックルでいけるところまで投げまくってみたいと思います。
それで今現在の自分の実力が分かるというもの。
打たれて気が付くことも多々あると思うし。
何事も経験でしょう。勝つことばかりが最善とは限りません。
明日からのための負けというのもあるでしょうし。


でも…
ひそかに明日の日記で

「勝っちゃいました!」という日記を書くのを楽しみにしています(笑)
コメント
この記事へのコメント
これで見れます!
http://www.youtube.com/watch?v=-Xpds23Sno0

後半のところで、ナックル姫が「ナックルを投げるポイントはイメージが大事・・・」なんて言っていますね!
2009/06/10(水) 22:45:20 | URL | X #-[ 編集]
見れました!
ありがとうございます。

吉田選手の言おうとしていることは分かりますね~
無回転という状態を作り出すにはいろんな作用が重なり合ってできあがるものですから、無回転になるイメージは非常に重要ですね。

それと自然体。
これもナックルを投げる上では必要ですね。
毎回ぎこちなかったりするとだんだん投げられなくなってくるので、あくまでも自然体で投げる方が無回転の状態を長く維持できるでしょう。
2009/06/11(木) 07:53:22 | URL | 管理人 #-[ 編集]
週刊ベースボールで元ハムの岩本投手がナックルを投げていました。
岩本投手のナックルは爪をべったり付ける握りでした。
2009/06/11(木) 23:46:56 | URL | #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。