揺れるナックルボールは草野球で通用するのか?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
おしい!
今日は公式戦。

今年に入ってから初の公式戦とあって気合いも入る。
しかし今日は風が強い。少し心配だ。


ここのところ体調を崩していた。
というのも親不知付近が炎症を起こしてしまい、かなり痛い思いをしてきた。
口が開かない状態にまでなり、食事さえも困難に。
それがようやく治まったところで親不知を抜いたのが金曜日。
その後ズキズキする痛みと闘いながら、ようやく日曜日に。

腫れも痛みもなくなんとか体調は良くなった。



前日からの雨が心配だったが、何とかグランド状況も良いようだ。
かなり水はけが悪いところだったので心配していたんだけど…


肝心の風は…

ライトからキャッチャー方向。
追い風だよ…残念。

まぁこの風で向かい風が吹いていると変化量が激しすぎてストライクが入らないことも考えられるし
打球が伸びすぎて守りづらいと言うこともあったのでまぁ良しとするか。





結果。
ナックルさえまくり!

1安打完封。
2塁も踏ませない好投だった!よしよし!

初回にヒットを打たれたのだが、それがなければノーヒットノーラン達成で
新聞に載るところだった。

お、おしい…(笑)
コメント
この記事へのコメント
試合お疲れ様です.
公式戦というプレッシャーや観客がいる中で
一試合ナックルを投げ続けるのは,並大抵のことではないと思います.
体調が万全ではないなか,
技術でバッターを押さえ込むなんてすごすぎです.(^▽^)/



2009/04/26(日) 20:05:07 | URL | #-[ 編集]
ありがとうございます
今日で追い風でも何とかなると思えてきました。
ある一定のナックルの技量を身につけさえすれば1試合くらいなら楽勝になってきます。
さすがに肩の疲労や全身の疲れなどは感じられません。
ナックル様々です(笑)

次の対戦相手はシニアのチーム。
しかし岡山県代表に選ばれるなどかなりの強豪。

でも今日の試合で緩急の付け方もコツが分かってきました。

なんだかいけそうな気がするぅ~
(天津木村風)
2009/04/26(日) 21:30:12 | URL | 管理人 #-[ 編集]
http://www.youtube.com/watch?v=GJ7SheOtejg
http://www.youtube.com/watch?v=zZxm9acw_t8

韓国や台湾には国内選手にナックルボーラーがいるみたいです。
韓国の選手は左投げですね。
左投げのナックルボーラーはあんまり見たこと無いので珍しく感じます。

日本人のナックルボーラーというと渡辺亮や前田などで
未だにこの手の遅くて本当に無回転な球を投げるナックルボーラーが
現れないのはやはり日本の指導方針がナックルボーラーを育てるのには
向いていないからでしょうか。
2009/04/26(日) 23:33:33 | URL | #-[ 編集]
お疲れ様でした。
1安打完封はすごいですね。
やっぱりナックルは魔球なんですね。
うれしかったです。
2009/04/27(月) 16:59:34 | URL | マツヲ #-[ 編集]
日本の指導方針とは具体的にどういうものなんですか?
確かに、野球をやっている人が
コーチや監督にナックルを伝授されるのは
見たことも聞いたこともないですね。
監督やコーチも投げられないから教えられないんじゃないですかね?
ナックルボーラーの人って自分で開発してるんですよね?(管理人さんのように)
投げたかったら
自分でやるしかないですね。

2009/04/27(月) 21:31:46 | URL | マツヲ #-[ 編集]
トーナメントだと,本格派の速球投手とナックルボーラーだと
やはり本格派を選ぶと思う・・・
2009/04/27(月) 21:47:08 | URL | #-[ 編集]
左投げのナックルボーラーというのはすごいですね。
左投げの特性を生かさずナックルボーラーになると言う決断が凄い。
しかし左投げだと1塁への牽制球が投げやすいので盗塁をさせないと言うナックルボーラーとしての最大の武器になるでしょう。
むしろ左投げのナックルボーラーの方が理にかなっているのかもしれませんね。

日本の指導者ではまずナックルボーラーが育たないでしょう。

プロになれる逸材がいたとします。
その子が突然ナックルを投げ出すと言えば、誰もが止めるでしょう。

さらにマツヲさんの言うとおりナックルを教えられる人がいません。
ナックルを誤解している人も数多くいます。

僕が自分のチームで投げようとしたときでも反対派がいました。
(今はもうナックルを認めてくれましたが)

この部分は話せば長くなってしまうのでここまでにしておきますが、日本はナックルボーラーが育つ環境ではありません。

投げようとするならば周りの意見などに耳を貸さず、自分の信念だけでナックルをあみ出すしかありません。
2009/04/27(月) 21:50:29 | URL | 管理人 #-[ 編集]
ではもし、本格派の投手ではなくて、
125キロくらいのストレートに、
カーブとスライダーを投げる投手と
ナックルボーラーだったらどっちを選ぶと
思いますか?
2009/04/27(月) 21:50:34 | URL | マツヲ #-[ 編集]
一発勝負ではやはり安定感のある投手を選択するでしょうね。

草野球レベルですと125キロでは十分本格派なのでその投手を選択するかもしれません。


ストレートが普通に打たれてしまう球速しか出ない投手と比較した場合だと変わってくるかもしれませんね。

今日職場でちょうどこういう話をしていました。

本格派の投手と、僕と同じタイプのナックルボーラー。
両方同じ防御率として、どちらと対戦したくないか?という問いでは
本格派と対戦したくないと言うことになりました。

速いボールはバットに当てることができないので打てる可能性がほぼゼロなのに対し、ナックルは当てることならできるかもしれないという事です。
僕も同意見です。
2009/04/27(月) 21:56:42 | URL | 管理人 #-[ 編集]
ただ、ナックルボーラーの強味としては

普通に対戦したらほぼ負けてしまうような強豪チームでも

「ナックルなら通用するかもしれない」

と思えることでしょうか。
2009/04/27(月) 21:58:53 | URL | 管理人 #-[ 編集]
でも、打てそうで打てないところが
ナックルの良さなんですけどね。
2009/04/27(月) 22:44:53 | URL | マツヲ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。