揺れるナックルボールは草野球で通用するのか?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ナックルボーラー登場!
オーストラリアの投手にナックルボーラーが出てきました!
いきなりだったので録画は最初からできなかったが
第一球目を見た瞬間にナックルボーラーだと確信しました。

あの投げ方。あの球速。ナックルしかあり得ない(笑)
しかも彼の場合かなりウェイクフィールフォを意識したフォームになっていた。

結果はかなり打ち込まれていた。
次の登板はもう無いんじゃないかと言うくらいに(笑)

ピントが合っていなかったので正確なところは分からないが
イチローの内安打の時の投球では
目で確認する限りボールは2回転している。
何度も何度も確認したので多分間違いない。

2回転ではやはり変化に乏しく、キレのあるような変化は無くなってくる。
まぁ代表に選ばれるくらいなのだから、普段はもっとキレのいいナックルを投げているのだとは思うが。

これも紙一重で、ボールの回転が調子よく抑えられたときにはかなり好投すると思う。
速度もウェイクと同じ100~110の間。一番変化を期待できる球速だったしね。
ただし今回みたいに回転が抑えられない場合はもうボコボコだろうね。

まぁ短期決戦では使えないかな。
コメント
この記事へのコメント
やはり、屋外に比べるとドームでのナックルボールの変化はあまり期待出来ないのでしょうか?
2009/02/26(木) 01:14:14 | URL | #omRhTgQ2[ 編集]
屋外の向かい風では当然変化が大きくなります。
しかし追い風ではあまり変化は期待できません。

が、ドームのような無風状態であれば充分変化はします。
今回の場合は回転数が多すぎたのが原因かと思われます。

質問の答えで言いますと
ドームでも期待できる変化は十分
と言うことですね。

妙な風が無い分コントロールし易くなると思われます。
2009/02/26(木) 18:32:28 | URL | 管理人 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。