揺れるナックルボールは草野球で通用するのか?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
久しぶりの試合
今日は今シーズン初試合

昨年末の最後の試合で風邪気味と言うこともあってか
ナックルがほとんど無回転にならなかったという
嫌なイメージで試合を終えていたので
今日の試合はそう言う意味からしても結構重要な試合だった。

打たれるとか、四死球連発とかいうよりも
無回転になるのかどうかと言うことだけを気にしていた。

そしてこのオフに取り組んできた新しい投球フォーム
これが実戦で役に立つのか?ということも


今日は4回まで投げた。
初回に1失点。後はなんとか凌いだ。
無四球だったし、新しいフォームも良い感じ。
無回転率はよく分からないけど、指先の感覚はまぁまぁよかった。
そこそこ無回転だったような感じ。まずは一安心と言うことだろうか。

まぁ最初なのでこんな所かなと。
良いところもあれば悪いところもある。
悪いところは反省点として今後の試合に役に立てようと思う。

まずその1
新しいフォームはすべてセットポジションから投げる
球速よりも安定感重視。
しかし下半身のひねりをかなり意識して使うので結果的にナックルの球速は上がっているはず。

で、そのことを意識しすぎて、セットポジションから投げる上で1つのメリットである
投げるタイミングをばらつかせること。
セットポジションに入ってからは静止状態になるわけだが
この静止時間が常に一定だった。

その2
TVみてたら忘れてしまった(笑)
コメント
この記事へのコメント
今の管理人様のフォーム興味があります。
いちど動画でみてみたいです。
2009/02/15(日) 22:05:54 | URL | 錬 #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/02/16(月) 18:22:42 | | #[ 編集]
動画ですか。
いつか撮ってみようと思います。
どうせならグランドで、いろんな角度から撮ってみたいです。
2009/02/16(月) 18:27:40 | URL | 管理人 #-[ 編集]
動画は
http://www.youtube.com/watch?v=lra3TTTwZVY
これも参考にしましたがこれではなかったように思います。探してみましたが見あたりませんでした申し訳ございません。

練習は「感覚」に意識を集中してみてください。良いナックルが投げられた感覚を覚えて再現することが近道です。
2009/02/17(火) 22:51:03 | URL | 管理人 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。