揺れるナックルボールは草野球で通用するのか?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
動画を見てパート2
いろいろと気が付いてきました。

細かいことなんだけど、彼女古田の勝負の時「ロジン」を使ってない。
ロジンバックの形が変化していない所から察しても使用はしていないのだろう。
ツルツルする表面で指先がしっかりボールに食い付いているのだろうか。
軟式で慣れているとどうしても表面のゴム質から革に変わるだけで滑ってしまう。
これは練習と慣れで克服できるのかなー

それと二本指の開く間隔が広い。
広がればその分片方の指への負担が増える。
どちらかが先にボールから離れ、最後に残った指の方へボールの質量がそのまま負担となってのしかかる。
同時にリリースできれば問題ないのだが、サイドスローとなればちょっと難しい。


以前にもサイドからのナックルを試してみたが
上から投げるように投げたのではトップスピンがかかってしまう。
そのために、リリース時にかなり手のひらを上に向けなければいけない
という記事を書いたが、彼女のリリースもまさにその通りとなっている。
変化量を選択したために、サイドからナックルの速度を上げるのは至難の業。
上から投げる時と同じように投げても無回転が投げられるような方法を考えなければいけないだろう。
(速度を上げようとするならね)

ちなみにウェイクフィールドもごく希にサイドからナックルを投げることがある。
実際にTVでも見た。
が、リリースの方法は同じだったことが印象的だったので記憶に残っている。
だから可能か不可能か?という問いには可能という答えになるだろう。


それとセットポジションに入ってから投球するまでの一瞬のクセ。
目線がキャッチャーから一瞬手前に移る。
その後投球動作に入る。
これでは盗塁はタダ。クイックとかそんなものは全く関係なくなる。

目線を変えるクセを取り除くか
もしくは目線を変えた瞬間に牽制球を入れる方法をとるしかない。
目線を変えてからスタートを切らせなくするために必要な技術。
また、目線を手前に変えてまたキャッチャーを見るとか
ランダムな要素を取り入れる必要がありそうだ。

一番良いのは目線を変えるクセを取り除く方法だが
今はお勧めしない。後々とればいい。

それはなぜか。


これは僕の予想だが、ナックル特有の感覚の問題になる。

まずキャッチャーを見る。サインの確認などこれは必要な行為。
そしてコントロールに集中させる
キャッチャーまでの距離、方向の感覚を体に入れる時間が必要。
そしてその感覚が体に入った後、一瞬手前に目線を落とす。

この行為は意識的な行為か、無意識なのか分からないが
いったん自分の体の感覚はキャッチャーまで飛んで行っているので
その感覚を自分の体に戻す。そして指先の感覚へと導いている。

ようするに体中の感覚がキャッチャーまでの距離、方向を確認した後に
すべて自分の手に戻して無回転を作り出そうとしているハズだ。

その感覚の移動が、目線の移動とリンクしている。
まだまだ投げ込みと実戦が足りていないので、この部分をいじると
感覚にブレなどが生じてしまうかもしれないので
目線の移動はそのままで、ランナーにスタートを切らせない方法を考えるという方が
最初は良いのではないかなと。


それとやはり体の後ろでボールの握りを作ってしまうと
意識が右手とキャッチャーのサインの両方に散らばってしまう。
ナックルボーラーはやはりコントロールが重要なので
ボールはグラブの中にしまっておき、サインを確認している段階では
意識はすべてキャッチャー(コントロール)に集中し、
その情報を体に入れて、そこで始めてボールを触る方がスムーズに無駄なく感覚の移動が行える

ゴルフのパット前の動作みたいなモンかな?ゴルフ未経験だけど(笑)



まだまだあるんだけど長くなりそうなのでまた明日。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。