揺れるナックルボールは草野球で通用するのか?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
予想外ではない
吉田えりさんが出演していた「フルタの方程式」の放送を見てコメントを書いて頂けたので
自分なりの見解を。


まず無回転だったので安心しました。
ここに来て5~6回転くらいしてるようなナックルだと
ますますナックルについてのイメージが間違った方向に行きかねない。


ナックルが70キロ、ストレートが100キロ
この点については想像通りでした。
ストレートの球速からマイナス20~30キロというのがナックルの球速になるのが一般的。

彼女のインタビューで
ナックルのストレートも球速があまり変わらないんですよね~
という発言があったが
正直信じられなかった。変わらないはずがないからね
よっぽどストレートの時おかしな投げ方をしてるとか
ナックルを投げるためにナックル専用のフォームでストレートを投げるフォームとは全く別物のフォームになってしまい、ストレートの球速が全く出ないという
2つの場合を除けばナックルとストレートの球速が変わらないという現象はまず起きない。

あとは古田の演出もあるだろうけど
投げ出し位置が低い70キロのナックル。
彼女くらいだとたぶんプラス10キロくらいの効果があるはず。
上から投げる80キロのナックルと、アンダー気味の70キロでは変化の量は同じくらいではないかと。


実際彼女がアンダー気味のナックルを100キロで投げたら
人間が打つのはかなり難しい。
打ち取ると言うことだけで言えばメジャーでも十分通用するレベル。
(守備力、マウンドさばき、コントロールは無視した場合)


それと今後彼女のストレートが「ジャイロ」と言うことに注目されることが予想されるが

この際ハッキリ言う。
彼女の場合ジャイロだろうが何だろうが関係ない。
打つ方としても何ら問題はないということ。
逆に真っ直ぐ来る分打ちやすいかもしれないと言うこと。
(ちゃんとしたジャイロの場合)



そもそもジャイロ回転の意味、効果というのは
「空気抵抗が少ない」というこの一転のみ
ゆえに、初速と終速の差が少ないという現象が起きる。

140キロで投げた普通のストレートと、ジャイロとでは
ホームベースに到達するまでの時間が少しジャイロの方が速い。
距離にして15cmとか言ってたっけな。

だから彼女がジャイロを投げたところで対して効果は得られない。
ただ投げてはいけないという意味ではない。
世間が騒ぐというレベルでは全くないという話。
ジャイロ=魔球みたいなイメージがあるが
ジャイロは変化しない。
変化しないためにジャイロ回転を与えているピストルの弾。
弾にジャイロ回転を与えるときに付くのが線条痕
それを考えても分かるようにジャイロは変化球ではない

150キロを超えるようなジャイロボールを投げることが出来れば
それはもうかなりの武器になるだろう。


最後にコントロール。
これは彼女にとって致命的な欠点
まぁ何より実戦が少なすぎるのが理由だろう。

実際にバッターに立ってもらった状態で投げ込むという練習が必要だ。
彼女が地下室で投げている練習風景を見たが
あれではコントロールは付かない。

もちろんあの練習だけをやってきたというのではないと思うが。


ナックルの欠点と言えばまさしくコントロール
今後彼女が独立リーグで活躍できるかどうかの分かれ目はここにある


まぁ放送を見てないのでここに書いた文章がどこまで正確なのかは分からないけど
コメント
この記事へのコメント
だいたい書かれているとうりでした。
そのうちどこかに動画がアップされると思いますが、たしかにコントロールは苦労しそうですね。
ボールとストライクがはっきりわかれてしまってて古田が空振りしたのもボール球でした。やはり四球で自滅というのが目に浮かびました。
でも球速のせいなのかバッターが思わずバットが出てしまうのもたしかなようです。
手加減かもですが古田は一球もかすりもしませんでしたから。
テレビでは球の揺れはあまりわかりませんでしたが古田の驚きの表情からこれは本物だというのが伝わってきました。今まで報道で見たりするだけだったのが古田を通すことで現実感がでてわくわくしました。

ジャイロについては無意識のようです。ふつうに投げるとジャイロ回転するみたいです。
フォームは前に動画で見たときよりアンダーぎみでしたね。

野球でわくわくすることはそうそうないので
とにかく楽しみです。
2009/01/25(日) 17:45:58 | URL | 通りすがりです。 #-[ 編集]
ジャイロを投げようとしてみたときに
サイドやアンダーの方が圧倒的に投げやすいので、知らず知らずのうちに投げていたというのは十分納得できますね。
カメラで変化を捉えることが難しいのは僕自身何度も挑戦しているので分かります(笑)


四球で自滅するくらいの方が僕は逆に期待は持てます。
四球を恐れるあまりストレートを投げて痛打される方が性格的にナックルボーラーには向いていませんので。

まぁ彼女自信、何度も言ってるように
「まだまだ発展途上」と言うことなので
いきなり結果を求めて潰してしまうよりも
今以上にナックルで勝負できる可能性を広げるような育て方をして欲しいですね
2009/01/25(日) 17:54:53 | URL | 管理人 #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/01/28(水) 14:25:48 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。