揺れるナックルボールは草野球で通用するのか?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
練習不足
ここのところ仕事が忙しくなってきたのと、日が沈むのが早くなってしまったのでなかなかナックルの練習ができないでいた。

たまにボールを投げてもウェイトトレの後で筋肉がパンパンになっていたり
肩慣らしだけで終わったり、シュートの練習をして、ナックルを忘れたり
さぁ!投げるぞ!と思ったら爪が伸びてて投げられなかったり

そして今日ホントに久しぶりに投げたら…

無回転にならない!!

うーむ。
最後の試合で苦戦したような感覚。
なぜ投げられないのか分からない。
なんだか魔法が解けてしまったような…


こりゃもうもっともっと投げ込みをしなくてはいけませんな。
スポーンと抜けて飛んでいくような感覚を得るために。

あ、そうそう
今年の打率を計算してみた。
メモした紙が無くなってしまったので正確な数字は分からなくなってしまったけど
.409
なんとか4割キープと言うところ。
今年は対戦相手が強くなってしまったためにみんな大きく打率を落とした。
ハマオは三振率が6割にもなってしまった様子。
来年からは三振する右は捨てて左バッターに生まれ変わると意気込んでる。


とにかく明日から少しでも良いからナックルを投げ続けよう。
コメント
この記事へのコメント
「ボールが回ってしまう日」というのがどうしても存在しますね。これを無くすのがナックルボーラーになるためのかなり大きな課題だと思うのですが、その日、ボールが回ってしまった時に、修正する方法を自分なりに見つけられればいいのですが、難しいですね。
2008/12/29(月) 07:37:33 | URL | てつざん #-[ 編集]
年間を通して何度かあるこの現象ですが
年々数は少なくなってきているようです。

スランプ脱出方法ですが
その日に何とかしようともがくよりは、その日はスッパリ諦めてまた感覚をリセットして次の日にというパターンが僕には多いようです。

しかしこの方法だと、いざ試合の日とスランプの日が重なってしまった場合はどうすることもできなくなります。

スランプそのものが無くなることが一番良いのですが、いざスランプに陥りそうになった時、すぐさま感覚を取り戻し、無回転を手に入れられるような技術を身につけたいものです。
2008/12/29(月) 22:04:57 | URL | 管理人 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。