揺れるナックルボールは草野球で通用するのか?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
投げる瞬間に変える
もう少し投球の内容を書きたいと思う。
あまり書くとうちのチームと対戦する時に僕が不利になってしまいそうな…(笑)
でももしかしたら全国のナックルボーラーの役に少しでも立つかもしれないので。

今回意識したのはシュート。
常に壁当ての練習の段階で
どの握りで、どういうリリースをしたらいいのか。どうすれば変化の大きいシュートが投げられるのか?
と言うことを意識して投げていた。

そしてこの前のブログに「吉田えりさんのナックル以外の球種」という項目で
「シュート」がポイントだと自分でも書いた。
そしてこれがどこまで信用できるものなのか、自分で試しておく必要があると思った。


結論から言う。

インコースに決まれば普通にファールを打ってくれてカウントを稼げる


ただ面白い結果が残った。
追い込んでから投げたシュート。
バッターは見逃して三振。インコースに投げたつもりが
アウトコースからど真ん中に入ってきた。
ヤバイ!と思ったが見送り三振。

次も同じようなコースで三振ではないが見送り。

外に逃げていく変化球かな?と思いきや内に入ってきてストライク。
一瞬何が起きたのか分からなくさせる効果でもあるのだろうか?(笑)
ナックルとシュートの関係。
もう少しデータをとってみようと思う。


それともう一つ。
これもあの野球漫画「ワンナウツ」をヒントにした投球。

ここはバントがあるのかもしれない。
と言う時は投げる瞬間に超スローボールに切り替える用意をする。
バントの構えをしたらスローボール。
しなかったらそのまま普通のナックル。
投げる瞬間までどっちか決めてない状態で投げることが可能なのかどうか。

で、やってみた。
投げる瞬間バントの構えをしたので超スローボールに変えた。
そしてそのまま前にダッシュ!
よっしゃ!できた!と思った瞬間バスターでヒッティング!

うげ!!とひるんだ所へピッチャーゴロ。
前にダッシュ&そのままジャンプで何とか捕れた。あぶねー。

ただこれに、よりとりあえずではあるが投げる瞬間に変更するのは可能だと分かった。


あとはバントをしてくる時
一体何を投げれば一番バントをしにくいのか?と言うことを探らないといけないなぁ~
こればっかりはバッターに聞くしか答えは出ないだろうな(笑)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。