揺れるナックルボールは草野球で通用するのか?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
もう一つの選択肢
さて、今回の試合。
漫画「ワンナウツ」の打者との心理戦を有効活用しようといろいろ試してみた。
いやぁ~面白い。
これでさらに投球の幅が広がったのは確実。

まず今までの投球としては
ナックルボールは球速が遅い。だから遅い球が主体となる。
そして時折見せるストレート。
これは非常に打ちにくい。

ただし、一つ問題がある。
ナックル主体で投げるピッチャーと打者との実力差の問題。

簡単に言えば打者は何を待っているのか?
ここに尽きる。
ナックル主体でもナックルの変化に対応できると判断したバッターは
ナックルで球種を待つ必要はない。
ナックルの速度とタイミングをベンチなりネクストバッターサークルで計っておけばOKだ
怖いのはいつ来るか分からないストレートを投げ込まれた時だ。

そこでバッターは常にストレート主体で待つようになる。
通常はストレート主体で待っているのだから普段と変わりない。
ナックルが来るであろう。しかしストレートが来るかもしれない。
とりあえずストレートで待っておいてナックルが来ても対応しよう。

このくらいの気持ちで待っている。
そして追い込まれた時はストレートが来るだろうと言う可能性を少し上げる。
多分僕もとりあえずは草野球レベルのナックルボーラー相手だとそうすると思う。

現にナックルで追い込んでからもストレートに普通に対応してヒットを打っていた打者はいた。


逆にナックルで待つというバッターもいる。(こちらが大半か)
見たことがない、又は慣れていない球種を主体で投げてくるピッチャーの球に目を奪われて
「合わせないと!」という気持ちからナックルを待つようになる。

普段はストレートを待っているのに対し、今回は変化球を待つという事になる。
慣れない状況にちょっと混乱するバッターもいるだろう。
それはそれでこの時点でピッチャーのアドバンテージが生まれる。
ナックルボーラーの利点でもある。


そして話を戻そう。
ストレートにタイミングを合わせているバッターに対しての組み立て方法。
もちろんバッターにはストレートが来るかもしれないという頭にしておく必要がある。
そして追い込むまではナックルで攻めればいい。
もしくはカーブやスライダーなどでストライクを取りに行っても良い。

問題は追い込んでからだ。

追い込めば当然ピッチャー有利になる。
後は打者との1球勝負。最後の切り札をどこで出すか。
カウント2-0。
ここからボールになっても良いようなナックルを投げる。
出来るだけテンポはゆっくりと。
そしてもう一球ナックル。ボールで良い。
少しいらつく感じを出す。(ここがポイント)



カウント2-2
そろそろストレートが来るんじゃないのか?という気持ちが強くなるころ。

好打者なら当然働く思考。
ナックルでボール、ボールと来たら次ナックルは投げにくいハズ。
せっかく追い込んでおいてナックルでストライクが入らないようだ。
それに無理して投げて2-3のフルカウントにしたくないだろう。

だから次の球種はストレートの可能性が高い!

という判断をするはずだ。


そこで、投げるボールはなにか?と言うことになる。
で、実際にワンナウツの真似をして決め球を投げた!



超スローボール


バッターは手も足も出ず見送り三振。
コメント
この記事へのコメント
管理人様 今日の試合 ウェィクフィールド
投げるようです。もうすぐ始まるよ!
2008/10/15(水) 09:03:04 | URL | しんさん #-[ 編集]
ありがとうございます。

しかし…
あぁ~残念ながら見ることが出来ませんでした。
ウェイクフィールドはあまり感情を表に出さないタイプのような気がします。
どんな変化をするか分からない所へ何を投げてくるか分からないと言う心理状態にするところはさすがだなと。
2008/10/17(金) 23:46:03 | URL | 管理人 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。