揺れるナックルボールは草野球で通用するのか?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
イチローの200本安打目
すごいプレッシャーとの戦いでしょう。
技術は200本安打を打つことは十分可能なのだろうが
精神的な部分でその力だ出せなかったりすることがある。
特に記録がかかったときなど。


しかし、200本安打目のVTRは何度も見た。
イチローはもう少し綺麗な形でヒットを打ちたかったと言ってるようだ。

内安打はイチローらしいと言えばそれまでなのだが
特に注目して欲しいのは「ショートの守備」だ。
打った瞬間前に突っ込み、捕球するやいなや体勢を立て直すこともなく
腕だけでピユッと投げる。しかも鋭く正確な送球。
メジャーだなぁ~と思わせられる。
一体どうやったらあんな体勢から投げられるのか・・・・
それも普段からああいう体勢で投げておく練習もしているのだろうか?気になる

日本だとああいうプレーはあまり見かけない。
そもそもああいう送球の練習をしない。
ギリギリのプレーの練習よりも、しっかり正面でとってしっかり正面に投げると言うことを重視している


やろうとしても腕の筋力とか日本人は弱いから出来ないのかな?
ショートの奥深いところからの送球なんてメジャーと日本のプロ野球とでは全然違うしなー

でも逆に外野からのバックホームの返球は日本人の方が良いような気もする。
たぶんこれはメジャーの重量級の打線のせいかな。
打つ方を重視しているというかなんというか。
多少肩が弱くてもホームランを量産できる選手を起用してると言うことかな。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
イチローについて・・・。ゼミの卒論でイチロー分析をしたいのですが、資料がなく困っています。イチローに超詳しい方、イチローマニアの方...
2008/09/21(日) 05:43:40 | ★楽天shopで何でも揃っちゃう★
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。