揺れるナックルボールは草野球で通用するのか?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
想像はしていたが…
さてさて、スピードの練習もしなくては。
ということで昨日少し多めに投げてみた。
そして今日。
意外にも肩が重くない。でも調子に乗って無理はしないのが鉄則。

当然といえば当然なのだが、ストレート、スライダー、カーブ、シュートを主に投げ込んだ。
ナックルはほとんど無し。

ついでにということで、鉄の棒と新聞紙を組み合わせて、バットを作った。
握る部分は鉄の棒なので固い。打つ部分は新聞なので飛ばない。
ガムテープなどで補強して打ってみた。
重さもバットと変わらないし、実際に人の球を打つ感覚はマシンでは得られない感覚だろう。

マッスルもハマオも練習した。
真っ直ぐと変化球の練習が良い具合に出来る。
思いっきり打ってもゴロが転がる程度。
意外にも良い練習になりそうだ。

今日も仕事が終わってからマッスルが打ち込み。
これでタイミングをうまく取ることが出来ればいいのだが。



そしてそれが終わってからナックルの練習。



投げられない。



やはり…か。という感想。
ナックルを投げる練習が少ないのも投げられなくなる原因に間違いないが
ストレートの投げすぎによって生じるスランプもある。
でもここのところずっと良い感じで投げられていただけに、もう大丈夫だろうと思っていた。
しかしまた投げられなくなっている。
明日になればまた投げられるようになるかもしれないが…

なんかこう微妙な感覚なんだろうね。
ナックルばかり投げている時はその感覚が体に染みついて消えない。
しかしいったんストレートなどを投げ込むと、ストレートの感覚がナックルの感覚を押しのけてしまい
またナックルを投げようとすると感覚を失っているのかもしれない。

握りを作った瞬間にほんの少しだけ頭の中で
「ん?」というような微妙な違和感がある。
で、投げるとやっぱりうまく行かない。


だからといってこれからストレートの投げ込みをしないわけにも行かない。
どうする?
どうすればいい?

とりあえず今できることは、目の前にあるボールをナックルの握りで握ること。
そして感覚を呼び戻すこと。
当然焦らない事。

ナックルを投げられるのが当然だという意識を持たないこと。
いつ何時投げられなくなるかもしれないと言う危機感を持って練習を欠かさずすること。
継続は力なり。


でもなんかさっきからボール握ってたら投げられなくなった原因が分かってきたかも。
ちょっと明日試していみよう。
原因が分かれば次のスランプからの脱出も速くなるだろうし、スランプ自体が無くなるかもしれない。
常に前向き!常に精進!常に上達!!
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。