揺れるナックルボールは草野球で通用するのか?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
速球もそれなりに
肩の調子が思わしくない日が続き、なかなか変な感覚が取れない。
が、試合を終えた月曜日はさほど筋肉痛もなく、火曜日に至っては軽いほどだった
今日は休んだが、意外に良いような気がしてきた。

壁当てもナックルの調子の確認くらいで、投げ込むようなことはしてない。
体も「速いボールを投げる」ということに慣れておらずこの前の試合ではストレートが遅かった。
まぁ投げてる本人が一番よく分かってる事かな。
あぁ。こりゃ今日のストレートで三振は無理っぽいなと。

肩の調子も良くなってきた感じがするので、ここらでスピードボールの練習もしようと思う。
マラソンばっかり走っててスプリント力が無くなるというようなことがないように。

緩急なんだよね。ピッチングの基本は。
速い球主体の遅い変化球が通常だが
ナックルボーラーはその逆で遅い球が主体で速いボールが緩急の変化を生む。

ナックルを待っててストレートが来ても対応できるから大丈夫だろう
という印象をバッターに与えてしまうとやっかいなので
ストレートが来たらどうしよう…というような感じを与えたい。

でもまぁ加齢から来る衰えでストレートも速くなるどころか少しずつ遅くなってくるだろうしね~
そうなればそうなったで第二プランも考えてる。密かに試している途中でもある。


試合で試してみたいことはたくさんあるんだけど
いざ試合が始まると記憶が吹っ飛んでることもあるんだよなぁ~これが。
終わってから「あ、忘れてた」とかよくある(笑)



そう言えばハマオが散髪してた。
一体どこまで伸ばすんだ?というくらい伸ばしていたハマオ
むさ苦しさ満点だったのだが、今日はさっぱりして別人のようになっていた(笑)
冗談抜きで一瞬誰か分からなかった。
心なしか服装まで変わっていた(笑)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。