揺れるナックルボールは草野球で通用するのか?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いろいろと考えてみる
肩の筋力を上げる。
肩周辺の筋肉が付くと腕が動かしづらくなると聞くが
実際に動きにくいほどまで筋肉が付くと言うことは素人ではあり得ない。
素人がいくら頑張ってもプロの選手に比べたらひ弱に見えるだろう

肩の筋肉を付けると言うことは、動かす根本が重くなる。
例えるなら片手でバットを持って投げる格好をしてもらえるとよく分かる。
グリップを握ると非常に大きな力が必要だ。
根本が細く先が太い。

逆にバットの太い部分を持って振ってみると、驚くほど軽く振れる。
この原理だよ!肘から先は細い方が良い。
腕が重いほど肩に掛かる負担は大きくなる。

だから根本を太くしよう。
肩の筋肉を鍛える!徹底的に肩を鍛えるのだ!



そして今日は肩の筋肉痛!
やりすぎた(笑)
調子に乗ってしまったようだ…


そう言えばピッチャーの投げる球に「キレ」と言う表現があるが
一体どういう事を指しているのか未だによく分からない。
速度が速いと言うことはよく分かる。
スローボールで「キレ」という表現はしないからね。
ただ鋭く曲がる変化球はキレという表現を使うようだ。
ストレートのキレはどうなのか。
本当の真っ直ぐが良いのか、ツーシームのように少し動く方がいいのか

同じ速度でキレがあったり無かったりするのはどうなのかな
数値では表れないものなのか、キッチリ数値で表されるものなのか

で、本題のナックルにキレはあるのか?ということ

感覚で言うとスーッと真っ直ぐ行って、打つ瞬間にキュッと曲がるナックルがキレがあるというような気がする。
グニャグニャ曲がるようなナックルはキレとは言わないような。
どうなんだろうねー。
実際に投げている人が少なすぎる球種なので情報交換が出来ない。
みんなどうしてるんだろう?



それとこれは実践編なのだが
投球モーションに入ってテイクバックする時
この時に握りが見えて球種が判別しやすくなってしまう。
そこで、リリースの瞬間まで握りが自分の体で隠れるようなモーションが望ましい。

ナックルを試合で投げたいと思ってるのであれば
キャッチボールでナックルが投げられればそれで良いと言うわけではない
無回転になるかどうかボールとの戦いではなくあくまで打者との勝負である。

ガラスに映った自分を見ながらフォームを作る。
ここまで必死に取り組まないといけない球種なのか?と思うくらい非常に繊細な球種
無回転が投げられれば終了というわけにはいかないこの球種は面白い。

探せば僕より無回転で投げられる人はいるかもしれない
僕より速い速度のナックルが投げられる人がいるかもしれない
ただそれだけでは試合に勝つことは出来ない。

やることは山ほどある。
努力する種が尽きないから飽きない。
頑張るのみ
コメント
この記事へのコメント
何かの雑誌か漫画か野球の解説かで聞いたのですが、
ストレートの「キレがいい」というのは
初速と終速の差が少ないボールだと思っています。
また変化球の時に使う「キレ」とは切れ味のことではないでしょうか?
なるべくベースの手前で曲がるような変化球がキレのある変化球だと思います。
投げてすぐ曲がってしまう変化球では見切られてしまいますからねぇ…

ナックルのキレの定義は難しいですねー
スーッと行って、キュッと曲がるのはもちろんのこと
ある程度スピードのあるナックルだと、
左右に小刻みに揺れてキュッがあったりしますからねぇ
どちらも相手にとって脅威なのは変わりないと思うんですけどね。
2008/09/05(金) 23:21:02 | URL | ヒロ #1CCw2CZc[ 編集]
やっぱりキャッチャーが
捕球出来ないような変化のナックルじゃないかと思います
でもなかなかそんな変化のナックルが投げられないですね
何かコツが解ればいいのですがナックル投げてる人は
殆どいないですからね 難しいです
2008/09/06(土) 16:32:07 | URL | セカンド #PTRa1D3I[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。