揺れるナックルボールは草野球で通用するのか?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
パズルのように
昨日は夜に映画を見に行ったので更新できなかった。
でも夜に見る映画は昼間見る映画と違ってなんか良い雰囲気。
席もかなり空いてるしゆったりと見られる。
実際客は5人ほどしかいなかった(笑)

さて、昨日投げてみていろいろなことが分かってきた。
なんて言ったらいいのかなぁ~
今まで投げられていたものが急に投げられなくなる。
ここ最近の感じで言えば記憶喪失になった感じ。

そして投げているうちに
「あ、そうだった」と言うように少しずつ記憶が戻ってくる。
その戻ってきた小さな記憶をパズルのように組み合わせていくうちに
投げられていた状態へ戻っていくような感じだ。


昨日気が付いたのはテイクバック時に
「肩を水平に」ということ。
これは確か1月中旬くらいの日記に150キロをを投げるためには?
みたいなyoutubeの動画を見つけて
その投げ方が肩を水平に移動させるというものだった。
それを取り入れると意外にも自分にすっぽりはまりこんだ。

ウェイクフィールドはどちらかというとテイクバック時には左肩が上がり右肩が下がるような姿勢をとる。
ダルビッシュはその逆で左肩が下がり右肩が上がっているような体勢をとる。
僕はこの後者のような投げ方があっているようだ。


25日の公式戦はナックルで押そうと今から計画中。
だからそれまでナックルを完成させないと。
でもなんかいけそうな気がしてきた。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。