揺れるナックルボールは草野球で通用するのか?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
模索
ユーチューブので速球王伝説だったかな?
そんな動画を見た。

その中に出てくる元中日の与田投手の話の中に
球速を上げるために何をすればいいのか、何かすることはないのか
どうすればいいのか?となんでも取り入れてやってみたと言っていた。
そしてたどり着いたのが3本指の強化だと。
親指、人差し指、中指の3本で腕立て伏せをしたとか。

こんな動画を見てしまった以上、やらないわけにはいかない。
早速見た日からこの指の強化に取りかかっている。
ボールを投げない日が続くので時間はあまる。
ヒマさえあれば何かしらやっている。
鉄棒に二本指でぶら下がってみたりとか。(一瞬しか足が浮かないけど…)


肩の痛みはほとんど消えてきた。
ウレタンボールの軽いボールを軽く投げてみた。2球ほど。
問題ない。

多分11日には投げられると思うが、12日が怖い。
強烈な痛みが襲ってくるんじゃないかとか…

で、多分試合という緊張感と公式戦の緊張感も重なって
試合中の痛みとかはほとんど感じないと思う。
さらにしばらく投げてないから肩も非常に軽いかもしれない。
分かってはいるのだけど調子に乗ってしまいそうだ…

理想は低めの変化球で早いカウントから打ってもらって投球数を減らしての完投。
ナックルは今度の試合は投げない方が良いと思う。
無駄に球数を増やしてしまいそうだし。
ホントは全球ナックルを投げ込みたいのだが…

この前の肘の故障もそうだけど、普通に投げるよりもナックルの方が痛めた肘には負担が多かった。
今回の肩痛もナックルの方が負担が大きかったように思う。

ナックルって肘や肩に負担が少ないから投手寿命が長い球種じゃなかったのか?
僕の場合ナックルのせいで故障してるような気がするぞ…


それと今マッスルと7mくらいのダッシュの練習をしている。
(ハマオは風邪で調子悪し)
ストップウォッチで計測しながら。
盗塁は3つの「S」だと言うからね。
スタート
スピード
スライディング
うちのチーム打撃が弱いなら機動力でカバーする!と言う方向で(笑)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。