揺れるナックルボールは草野球で通用するのか?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
6回
この回でウェイクは降板。
バッテリーを組むのが2回目のキャッチャーのキャッシュ。
想像以上にうまく捕っていたと思う。
解説の人はよく落としていたといってるが、ミラベリでもあのくらいはよくあることだし。
ランナーが走った時に落としたのが2回あったかな?
一瞬ランナーが目に入ったのだろうね。
それで変化についていけなかったのか。
でもミラベリの変わりにキャッシュはいけるんじゃないかと思う。
今シーズンもウェイクには期待できそうだ。よしよし。

長谷川が言ってたな。ウェイクフィールドを目指して野手でもナックルを練習してる人はたくさんいると(笑)
コメント
この記事へのコメント
いや~~~見れて良かったですわ^^
松坂のインタビューは余計だったけど。
スーパースローが何回もあって
さらにスローにして見ました(笑
しかし毎度ながら、長谷川氏の解説はおもしろいですね。
2008/03/24(月) 18:09:55 | URL | YO #-[ 編集]
凄かった。
精度の高いナックルボールを
いとも簡単そうに投げるんだもんね。

あそこまでたどり着けば、
「マスターしたぞ」と言えるんでしょうな。

練習しよ。
2008/03/24(月) 20:37:55 | URL | こんろ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。