揺れるナックルボールは草野球で通用するのか?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
笑い事ではなく
今日の朝いつものように仕事が始まる。
年配の職人が話しかけてくる。
普段から聞きづらい声の質なのだが、今日は特に聞きづらかった。
え?え?なに?と何度も聞き直した。

「え?何言ってるか分からない。入れ歯を上下間違えて入れてるんじゃないの?(笑) 」とか。
そんなことを言ってたんだけど、マジでおかしいことになってきた。

よく耳を澄まして聞いてみると「タ行」「ラ行」が言えてない。
舌がうまく動いていない。
完全にろれつが回ってない状態だ。

周りの人も本人も
「そのうち治る」とか「パチンコの行き過ぎ」とかあまり気にしていない様子。
でも僕の予想は「脳梗塞の前触れ」
以前にも左手が朝からしびれるとか言ってたし。
ちょっと普通じゃない状況なのでここは息子に電話した方がいいんじゃないのかと。

幸いにも息子が病院に勤務しているのでうちの親父がすぐさま電話。
9時になったら医者が来ると言うことなので仕事が一段落した9時過ぎに病院へ。


そして昼前に帰ってきた。
入院じゃなかったのか~と思っていたら
行った病院にあるCTでは原因が分からなかったので
大きな病院に行ってMRIを撮って調べた方がいいとのこと。
15時から予約を入れていたので、すぐまた病院へ。


で、17時前に帰ってきたのだが、その手には「入院について」みたいな紙が!
どうなった?診断結果は!!!?
と聞くのだが未だにろれつが回ってない。
さらに顔面の右半分が引きつったような感じになっている。
MRIでの診断結果は脳に影があり脳梗塞の疑いがあるとのこと。

うーむ。早期発見となったのかな。
とりあえずゆっくり休んで元気になることを願う。

朝、ろれつが回らない事をただの笑い話にして、放っておいたら今頃手遅れになっていたかもしれないと考えるとちょっと怖い。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。