揺れるナックルボールは草野球で通用するのか?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
病み上がりか・・
ボールを投げる。
なんか久しぶりの感じ。

今日はちょっと昼休みをいつも通りの時間を取れなかったので
練習やトレーニングの時間はほとんど無し。

仕事が終わってから腹筋を少し。

ナックルを壁に向かって投げるとどうしても右方向へすっぽ抜ける球が多くなる。
これって結構重要な事なんだと思うんだよなぁ~
引っかかって左にそれるよりも右にすっぽ抜ける方が多い。
多分指が短いということが影響しているのだろう
もしかしたらナックルを投げるために必要な手の大きさがギリギリなのかもしれない。
あと1ミリでも小さかったらアウトだったとか、もうすでにアウトだったりとか
そんなレベルかもしれない。

無意識に壁に投げる時にはかなりの頻度ですっぽ抜けるので
こういうところから直していかないとコントロールの向上はあり得ないな。
無意識でもなんでもすっぽ抜けが起こらないようにしないと。


最近腹筋のトレーニングを取り入れているんだけど
ナックルを投げる時に腹筋に意識を置いて投げてみるのも良かった。
意識が指先から体の重心に移ることがいいのかなー
安定するような気もする。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。