揺れるナックルボールは草野球で通用するのか?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
押し込む
さて、今日から普通の生活に戻る予定だったのだが…
さすがにカラダが重い。
でも腹筋もしたし、キャッチボールも出来た。

久々に投げるナックル。
ちょっとコントロールがばらついた。
まぁこんなもんかと。


ナックルの三大要素(難しい順に)
「無回転」
「コントロール」
「球速」

この3つが揃わないと試合では使い物にならない。
無回転率を上げようとすると球速を失い
コントロールを上げようとしても球速を失う
球速を上げようとすると、無回転率とコントロールの両方を失う

試合で重要なのはコントロール。
いくら球速があっても、無回転であっても見逃せばただのボール。
4つ続けば無条件で出塁。

しかし無回転でなければ変化のないただの棒球。
球速が無くても変化しないただの棒球。

今僕の課題は球速UP。
どうすれば無回転率を維持したまま、コントロールを失わずに球速を上げられるか
その為にはどうすればいいのか?

しかし現実的には時速90キロもいらない。
理想は100キロかもしれないが、軟式で無回転の100キロがどの様な変化をするのか分からないので判断できないが、90キロのナックルはなかなか捕球できるのもではない。
80キロもあれば十分。
草野球の理想は85キロくらいかな。
実際90キロくらいからは世界が変わる。

僕の場合試合で投げてる速度は70キロ前後だと思う。
軟式の場合は空気抵抗が大きいのでこのくらいの速度でも十分変化する。
ただやはりコントロールと無回転を意識するあまり球速を殺し気味になってしまう。

そこで今やってる試行錯誤。
腕を思いっきり振ると90キロ近く出る。ただなかなか無回転にならない。
球速が上がってくるのに比例してリリースの瞬間の時間が短くなる。
これが無回転率を下げる原因ではないかと思う。

腕を思いっきり振りつつも、ボールをリリースする瞬間ボールに出来るだけ長く触れるように投げる。
イメージとしてはこんな感じ。
普通に投げる時(ストレート)をテニスのサーブみたいに例える。
ボールを一瞬のうちに叩き、球速を上げる。
それに対しナックルはバスケットのスリーポイントシュートみたいな感じ。
ボールをはじき飛ばすのではなく押し込むような感じ。

ただ砲丸投げのように本当に押し込むような投げ方ではナックルは無理。
何も知らない人がナックルを投げようとするとあんな風に押し込むような投げ方になり
ボールは山なり&回転しまくり状態になってしまう。

あくまでもイメージとして押し込む感じが欲しい
コメント
この記事へのコメント
そうですねぇ~
中でもコントロールが一番難しいですね。

オイラも最近
球速を出すために、上から振り下ろす感じで投げています。

失敗したらチェンジアップになってしまうけど、腕のフリでフェイントになっている、
かもしれない。
無回転に常になってくれたらいいけれど。

2008/01/26(土) 23:19:03 | URL | YO #-[ 編集]
今日ナックル練習したんですが薬指の爪と接触している皮膚(表現しにくい)が割れてしまいました^^;
管理人さんはこういう経験ありませんか?
もし対処法を知っていたら教えてください
2008/01/27(日) 19:04:51 | URL | 三橋 #mQop/nM.[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。