揺れるナックルボールは草野球で通用するのか?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ヘッドスライディング思考
コメントありがとうございます。

さてさてヘッドスライディングと駆け抜けるのとではどちらが早く1塁ベースに触れることが出来るのか。

ここで問題になってくるのは
1ヘッドスライディングの体勢にはいることによる減速
2ヘッドスライディングをする事による上体を倒すことで得られる加速

(この加速というのは走っている速度の加速というのではなく、体の先端部分が前に出るという一瞬の加速)

ここで1+2がプラスになればヘッドスライディングの方が早くなるし、マイナスになれば駆け抜ける方が早くなる

素人目に見て、明らかにヘッドスライディングが下手な場合は別として、そうでなくベースに飛んでいくような見事なスライディングを見た時、明らかな減速をしてるようには見えない。

では他の競技
ビーチフラッグスで考えた時、あれを砂浜ではなく、土のグランドでする。
そして、旗を取るのではなく、体に触れた時点で勝ちというルールを作ったら選手はどうするだろうか。
駆け抜けて旗を足で踏むか、ヘッドスライディングで手を使って触れに行くか

感覚的な感じだとヘッドスライディングをした方が早いような気がする。

しかしどう考えてもこれは予測の域を出ない。

ただ人間の手の長さがあと1mくらい長かったらヘッドスライディングの方が早いと思うけど(笑) あ、これも予測に過ぎないか…

CGかなにか使ってどこかの番組が検証してくれればいいのに。
まぁCGじゃなくても走る速度が同じ選手2人に駆け抜けるのとヘッドスライディングを同時にしてもらって、横からカメラで映すと非常にわかりやすい。

さて、これから試合。
熱中症に気を付けて頑張ります!
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。