揺れるナックルボールは草野球で通用するのか?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
もう一つの理由
日本人にナックルボーラーが出てきにくい理由。
今日それが1つ分かった!(ような気がする)

この前の試合を振り返ってると気が付いたのだが
日本人とアメリカ人の身長の違い。

これは投手の背の高さの違いではなくバッターの違いだ。
180cmを超えるバッターは非常に投げやすい。
それに対し160cmくらいの人には非常に投げづらい。

もっといえばウェイクフィールドに要求されるストラークゾーンよりも
僕らがしている草野球のストライクゾーンの方が狭い!


メジャーの選手の平均身長はよく分からないけど
日本の草野球は170ちょっとくらいじゃないかな。
メジャーは190近いんじゃないの??

高校野球くらいになると平均は175cmくらいかな
それにアメリカは外角に甘いし


そう言う点から考えると日本の環境はナックルボーラーにとって辛い環境だと言える。

たかが10cm
されど10cm
投げやすいと感じることが出来るとそれだけでコントロール率は上がり、投げにくいと感じるとそれだけでコントロール率は下がる。


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。