揺れるナックルボールは草野球で通用するのか?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
真庭やまびこスタジアム
20070712d.jpg

久世にある「真庭やまびこスタジアム」
岡山国体のために作られた球場らしい。

20070712a.jpg

うおーー!
綺麗すぎる!

20070712b.jpg

内野まで芝生だ!!
雨が降っていたのでもやがかかってるがすごくいい!

20070712c.jpg

土の部分はシートで覆われているが、全体的にフカフカっぽいー


今日はマッスルの母校へ用事があったために車で遠出。
あぁ~こんな球場で試合がしたいなぁ~


さて最近いわれて気が付いたんだけど
ストレート主体の試合とナックル中心の試合ではナックル中心の試合の方が失点が少ない。
偶然かどうかはよく分からないけど。
それなりにそれなりなのかもしれないな。ナックル効果。
今は初対戦の相手ばかりなので、相手もナックル対策なんて考えてきてない。
これが数年経って対策を取られたらどうなるんだろう(笑)

今のところナックル主体の防御率は1点台後半かもしれない。
でももうそろそろ大炎上とかありそうだけどね(笑)
それには肘の具合も影響しそうだけど。

と、ここで今日いいニュースが飛び込んできた。
今日の早朝の試合が雨で延期になったために
そのまま全体的にずれ込んで14日に予定されていた試合が18日に延期になった。
よしよし。遅ければ遅いほど良いぞ(笑)
それまでに治してやる!


全くボールを投げない日が4日続いた。
草野球を初めて3年間。ここまで投げないのは初めて。
ウズウズしてきた…でも我慢


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。