揺れるナックルボールは草野球で通用するのか?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
セットポジション
ナックルを投げる上で体重移動の重要さは欠かせない。

セットポジションから投げるナックルは動作、球速ともに遅い。
盗塁対策を考えてもクイック気味に投げられれば問題ないのだが、そうしてしまうと体重移動が不完全なまま投球に移ってしまう。

セットポジション時の重心の移動位置を簡単に言うと、
腰→右胸前→右肘→ボールとそんな感じ。
そこで考えた。
ならば最初から胸の高さまで重心を上げてやればいいのでは?と。

グローブを静止している場所をベルトの位置から胸の位置へ上げてみた。
そしたらどうだろう。
ものすごいスムーズに体重移動ができるではないか。
体重移動が1つ省略された事により全体のブレもその分少なくなるのかもしれない。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。