揺れるナックルボールは草野球で通用するのか?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ありがとうございます
いろいろなご意見をありがとうございます。

野球というスポーツは頭を使うスポーツです。
試合に至ってはいろんな場面で瞬時に判断をしなければいけません。
最善の判断をいち早く実行するためには、やはり実戦での体験が必要不可欠です。
試合の度に内容を振り返り、あのときの判断は良かったとか、ああするべきだったとかいろいろ話をすることで上達していくと思います。
ですので今回もマッスルやハマオは良い勉強になったと思う。
挟まれても、ピンチになっても常に冷静であれ!
ヤジに屈するな!
細かい野球のルールを熟知するするだけで、自分のプレーに自信が持て、判断力も速くなり、最善の行動が出来るようになるだろう。


場面は1アウトランナー2塁。
バッターは僕。
カウント2-2。追い込まれている。

次の球は少々きわどい球でも手を出さないといけない。
最低でもセカンドゴロ。

ピッチャーが投げた瞬間セカンドランナーが盗塁したのが見えた!
いいスタートだ。多分セーフになるだろう。
そして投球は外角のストレート。きわどい!

この瞬間に
もしここで手を出してフライになると最悪のゲッツーの可能性がある。
見逃せば三振だがランナーはすすめる。
一か八かの見送りだ!と判断して見送った。

判定はボール(ほっと一息)


最高の集中力を得られていたので出来た判断だったと思う。
これを真似しろとはいわない。長年の経験で出来るものだと思うから
まだまだ若い2人には時間がかかるだろう。


それでもまだまだ勉強することがあるということだけは理解して欲しい。
ま、理解しているようだけど(笑)


野球は奥が深い。
だからこそ面白い。




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。