揺れるナックルボールは草野球で通用するのか?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
価値観の相違
さてこの前の乱闘寸前!?の話を

まず話は1回の攻防から
こちらが攻撃の時。
先頭打者を四球で出塁、送りバントと三盗で1アウトランナー3塁。
ここで僕の打席。
右中間を破る3塁打。ここで1点

3塁にいるパターンは試合前に決めていた。
ゴロはGO!

後はバッターにピッチャーゴロ以外を頼むだけ。
そして打つ!ゴロだ!
いけーー!!とダッシュしたものの痛恨のPゴロ(笑)
これはもうアウトになるので挟まれて最悪バッターランナーを2塁まで行かせることがチームプレー。

しかし、それだけではダメだ。
挟まれたこの時点で出来る一番良い方法は何か?考える。
それはオブストラクションを狙うこと。
中学時代に先生から教わって以来ずっと狙っている。
もう狙うのが当然のように。

ピッチャーがキャッチャーにボールを投げる。
キャッチャーがこちらに真っ直ぐ走ってくる。
今か今かと投げるタイミングを計る。
ギリギリタッチされない間隔まで引き寄せ、3塁方向に一瞬走る格好をする。
すると当然キャッチャーはボールを3塁へ投げる。
チャンスはここしかない。

投げたのを確認した瞬間一気に方向転換し、ライン上にいるキャッチャーにぶち当たる。
もちろん思いっきりぶち当たると痛いので、少し触れてダイナミックにこける。

完全に決まった。
倒れながら審判に「オブストラクションだ!!」と叫んだ。
見事走塁妨害(オブストラクション)が適応され1点を取った

ただもちろんこんなやり方はフェアじゃ無いという人もいるかもしれないが、あくまでルール上の行為。全く問題ない。
むしろ最後の最後まで諦めない事こそチームプレーといえる。
というかこれは技術だとさえ思う


その場はそのまま過ぎた。


5回の攻撃
またもや僕が1アウト3塁にいる。
今度こそPゴロ以外を頼む!!と思ったが
またもやPゴロ…(笑)

また挟まれたよ!!!
そして今度はピッチャーが追いかけてくる。
もう通用しないとは思うがそれでもオブストラクションを狙う。
ピッチャーが3塁へ投げた瞬間ホームへ切り返して走った瞬間
ピッチャーが右へ1歩逸れた。
しかしもう遅い。完全にロックオンしていたので、そのまままた軽くぶつかってこけた。

相手側はこけてもいないし怪我すらない。
そして相手側が猛烈に怒ってきたのだ。
サッカーで言うペナルティーエリア内で足をかけられてないのにわざとこけたプレイ。シミュレーションの反則を取られたような感じ。
審判は素早く僕を呼び寄せ、「ランナーアウト」の宣告。
やっぱりダメだったか。という感じ。
しかし相手の怒りは収まらない。

僕を取り囲むように集まり怒号の嵐。
しかし僕はアウトを宣告されているのでスーッとベンチ(1塁側)へ帰った。

チェンジになってからもマウンド上にいる僕に向かってヤジが飛ぶ。
「きたねー野球してんじゃねーぞ!」とかそんな感じ。
まぁ負けてるから腹が立ってるんだろうな~
でも一番怒ってるのはピッチャーの人
そんなに怒ると損だよ!?いいの?と僕の方は至って冷静。
というか全く気にしてない。
自分に出来ることの最善の方法を選択したまで。
どうせアウトになるならやるべき事はしてアウトになる。

何度も言うがこれは技術の問題。
うまく当たれば走塁妨害。
しかしわざとだと見破り、審判にアピールするのも技術。
腹を立てるとかそんな低レベルの話ではない。
普通はランナーで挟まれると頭が真っ白になるだろう。
しかしそんなときこそ冷静に。
冷静でいられることも当然技術。


7回のマウンドに向かう時、相手ピッチャーがマウンドから降りずに足場をならしている。
見るからに僕を待っているようだ。

「おい!どういうつもりなら!なんかんがえとんじゃ!いうてみ!」
と、もうどう考えても普通じゃない様子
困ったなぁ~どうしよう。こんな人に理論を言っても無駄だしなぁ~

とりあえず「野球ですから」とだけ言った。

ベンチに帰ったピッチャーは
「何が野球ですからだ!おめーええかげんにせーよ!」
とまだまだヤジは止まらない

野球というのはチームプレーですよ。
個人競技ならまだしも。
マウンド上にいた時に言えば良かった。
「あなたが腹を立てると冷静でいられなくなる。当然ピッチングに影響しますよ。振り返ってみなさい。みんな迷惑するんですよ」と(笑)

といっても全員怒ってたけど(笑)

まぁ2回目がアウトにならずに得点になってたら怒るかもしれないね。
でもアウトの宣告を受け、試合内容には全く影響してない。


考え方の違いで
もうダメだと悟った時、一か八かの最終手段をしてまでチームの役に立とうとした僕のプレーが野球を舐めてるのか
それともゴロを打って1塁まで全力で走らない相手チームの方が野球を舐めているのか。
どっちなのだろう。


グランド整備をしている時にも
「おめーだけはゆるさん!名前はなんて言うんだ!」とまだ突っかかってきてる。
もぉ~しつこいなぁ~
一瞬マッスルの名前でも言おうかと思ったがやめた(笑)
名前なんて後で調べればすぐに分かるしね。



さて、読者の方の中にも賛否両論あると思います。
僕が取った行動に非があるのか
激怒して試合中怒鳴り散らす相手に非があるのか


ちなみに僕は全く今回のことに関しては気にしてません。
次の試合でも挟まれれば同じ事を狙うでしょう。

ただ怒った相手側の人が、根に持って暴力をふるってこないかが心配です。
殴られると痛いですし、刺されると大怪我しますし(笑)


コメント
この記事へのコメント
それが野球ですが・・・
・・・それは大変でしたね(笑)。でも、確かにそれも野球ですから・・駆け引き・フェイント・パフォーマンスそして、無回転の揺れる変なタマ・・それらがあるから野球は楽しい!!野球は、すべてわずかなチャンスに賭けるゲームですから、考え方としては間違いないと思いますよ。わたしも、体を真後ろに引いて、ボールに当たり、デッドボールに見せかけて一塁に歩く姑息な(笑)手を使ったことがあります(みんな使うでしょうが・・)。
私が、毎年対戦するチームに、かなり高齢のチームがありますが、侮れません。知恵・小細工など盛りだくさんで、いわゆる野球巧者というか、オヤジ野球というか、ともかく、こんな野球があったかと思うくらいです。しかし、私も、メンバーも、このチームとの対戦をとても楽しみにしているのです。

ただし、管理人さん、刺されないようにだけはしてくださいね(笑)まだ、私とのキャッチボールをしてないのですから(笑)・・。

それと、ストレートの球速を教えてくださってありがとうございます。ちなみに、私も同じくらいです。ナックルを投げるための、体力的条件を知る上で、参考になりました。ありがとうございます。

p.s. 乱闘騒ぎになった時は、くれぐれもマッスルさんの名をお出しになりませんように(笑)


2007/05/23(水) 20:29:47 | URL | ナックルウォッチャー #-[ 編集]
コメントありがとうございます。
わざとボールに当たる。
これも良くありますよね(笑)
1年前早朝野球の試合でシニアのチームと対戦しました。シニアのチームでは最強で強い相手でした。
こちらの隙という隙をつき、隠し球でアウトになったりしました。

ストレートとナックルの球速の差は大体20~30キロあると思ってます。
素人だと30キロが限界かと思うのですが、どうなんでしょうね~
2007/05/23(水) 20:50:49 | URL | 管理人 #-[ 編集]
やっぱり管理人さんの精神力はすごい!!

試合でナックルを投げる方なので「人よりかなり精神的にタフな人なんだろうなぁ・・」とは思っていましたが、そこまでヤジられても冷静に対処してピッチングに影響しないなんて凄すぎです。

僕もナックルを練習したりしてるのですが、心が弱すぎで試合では使えなさそうです。(普通に投げててもちょっとした事で投球に影響する・・・)


僕も管理人さんのプレーは全然有りだと思うし非難される事ではないと思うけど、あまり無理はしないでくださいね。

公式戦ならともかく練習試合なら双方楽しめる試合が一番良いと思うので・・・・
刺されたら痛いじゃすまないですし(笑)
2007/05/23(水) 21:25:12 | URL | 宏 #-[ 編集]
ご忠告ありがとうございます
公式戦ではみんな一丸となって勝ちにこだわってます。しかし練習試合でも僕は同じ事をしています。マッスルやハマオに実戦で教えるためです。といってもそういう場面は年に何度もないですが。
野球は頭を使うスポーツなので、ありとあらゆる場面に即座に対応しなくてはいけません。
この前の試合でも考えさせることが多々ありましたのでまた明日にでも書こうと思っています。

性格ですが基本的に僕はプラス思考です
このプラス思考がいい方向に作用しているのかもしれませんね。
あと熱くなりそうな時にこそ冷静に、理論的に考える。これが一番です。

しかし夫婦げんかになると、嫁さんに
「どうしてこんな時にあんたはそうやって冷静になってられるのよ!!それが腹が立つ!!」とか怒られてますが…(笑)
2007/05/23(水) 21:41:40 | URL | 管理人 #-[ 編集]
がはっは~^^
それは面白い試合でしたね。道に迷わなければ見れたのに~!!残念。
プレーに関しては普通だと思います。
トリックプレーのひとつですし。
練習の時やることもあります。
まあ2回目はバレるでしょう。
判定は審判次第ですし。
うちのチームにはそんな高等テクニックを使える人はいませんが(笑)

それより、きたないヤジには審判が注意を促すべきですね。
2回目はアウトになったんだし。
観客ならともかく、選手のヤジは国会のヤジ同様見苦しいです。
1プレーに対していつまでもグチグチ言うのは男らしくないですね。
次挟んだら、グラブでしばき倒すぐらいのタッチすればいいコトです(笑)
次回はラフプレイにご注意を!
選手はプレーでねじ伏せるのみ。

しかし、さすがナックルボーラー。少々のことでは動揺しませんね^^
2007/05/23(水) 22:16:28 | URL | YO- #-[ 編集]
野球を知っているかどうかというのは、勝敗に大きく影響しますよね。
自分は最近、『ラインから3フィード離れたら走者はアウト』というルールが、野手がタッチしようと手を伸ばした時にしか適用されないことを初めて知りました。
そのことを利用すれば、挟まれそうなときはあえてラインから何メートルも離れたら所に逃げるというのも有効かもしれません
2007/05/23(水) 22:52:51 | URL | 通りすがり #-[ 編集]
別にルール内で何をしようが本人の勝手だとは思いますが、
考え方は人それぞれですので、
チームメイトにまでそれを教えようとするのは、どうかと思いますけどね。

私の個人的な意見では
「ルール内で勝てば勝ち」という考え方は、
善悪どうのこうの以前に、幼稚にしか見えません。
2007/05/24(木) 07:31:31 | URL | 通りすがり #-[ 編集]
審判に裁定を下されているにも拘らず暴言を繰り返した相手のチームは最低ですね。
その怒りを試合で出せば、と思うのは僕だけでしょうか(笑)
2007/05/24(木) 14:07:39 | URL | #-[ 編集]
チームメイトに教えるためのもう一つの理由としまして、
逆に守備側になったとき、気をつけなくてはいけないこと。という事にもつながると思うんです。
ルールを理解する。
そしてそのルールに基づいて動く。
いろんな条件下でも瞬時に判断できるようになることがうちのチームの「教える」という方針です


当然、黒か白かではなく、限りなくグレーなプレーばかりをして勝ちにこだわるというのは僕もあまり好きではありません。
2007/05/25(金) 16:55:19 | URL | 管理人 #-[ 編集]
 そんな見え透いたプレーにだまされる審判も審判かなと思うけど、3部には3部の野球があるのでは?例えたら、プロレスの試合でいきなり総合の技で相手をk.oするようなものでは?そんな試合を望むのであれば早く一部にあがってクニヤあたりと思う存分だましあいしてください。
2007/05/25(金) 22:00:05 | URL | ボブ・デビッドソン #-[ 編集]
コメントありがとうございます
審判の方は騙されていませんよ。
僕たちの実力では1部は到底無理ですし、望んでいる試合というのもまた別物です。
2007/05/25(金) 22:54:58 | URL | 管理人 #-[ 編集]
そんなことありません。必殺のナックルが決まれば一部あいてにも互角の戦いができるでしょう。がんばって昇格目指せ!
2007/05/27(日) 21:05:44 | URL | ボブ・デビッドソン #-[ 編集]
お馬鹿さん
2010/06/19(土) 18:34:32 | URL | #-[ 編集]
2010/06/19(土) 22:53:31 | URL |   #/02qLiNA[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。