揺れるナックルボールは草野球で通用するのか?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コメント(youtube)
youtubeに何本か動画をUPしている。
最近は動画自体を撮ってないので、UPもしていないが…
そろそろ新しい動画でもUPしようかなと。
いろんな角度からのスローとか?(笑)

そしてUPしている動画にいくつかコメントが付いている。
英語で何を書いているのか分からないが、翻訳のページで見てみると
「それは偽物だ」とか
「子供はガラスの前でキャッチボールしちゃいけないよ」とか
そんなのばかり(笑)
先日日本人と思われる人からコメントがあって
それは偽物じゃないよ。ブログもあるし
みたいなコメントがあった。
ここの読者だろうか。


そして今日も練習。
ここのところすこぶる調子が良い。
握りの位置を変えてから無回転率が大幅にUPした。
ほぼ無回転といっても良いくらい。
何が違うのだろうか?今までと。

親指の下あたりに縫い目状のものが当たる感覚が少し違うくらい。
でもこんな小さな違いでここまで変化するとは普通は思えない。
しかしこのナックルというものは本当に微妙で
ほんのちょっとしたこと、1mmの違いでも大きく変わってくる。
同じ投げ方をしていても投げられたりそうでなかったりするのだから。

新しい握りの良いところは多分意識的な部分。
縫い目状の突起が二本指側が狭くなっていく形状になっている。
この狭くなっていく部分が1つの方向を意識付けしているのではないかと思う。
良い意味で「↑」という矢印が意識付けされて、その方向に投げ出せば無回転が得られる状態になっているに違いない!


実戦でも大切な部分
「毎回同じ握りでボールを握られるか?」という問題。
実戦ではテンポ良くさくさく投げて行き、自分のペースに持っていかなくてはいけない。
しかし毎回握りばかり気にして、同じ握りで投げようとすると、そこの部分ばかりに意識がいってしまい、コントロールなどが乱れてしまう。
サッと握ってサッといつもの握りで投げなくてはいけない。


実戦での僕の場合。

まずボールの縫い目の位置を確認。
自分の位置を作る。(そのままグローブへしまってすぐに握れる位置)
この時間を大切にしている。
ボールの位置をしっかり作ることによってスムーズな投球動作へ移行できることも利点だが、もう一つ利点がある。

バッターへの小さなプレッシャーだ。
ただでさえおかしなボールを投げてくるナックルボーラー。
そんなピッチャーが縫い目を気にして少し時間をかけてくる。
非常にイヤな時間。時間にしてほんの5秒足らずだが、効果は大きい。

小さいことだけど、自分のペースに持っていく。
バッターにあわせない。
それが大事。



コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007/05/17(木) 23:51:00 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。