揺れるナックルボールは草野球で通用するのか?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
疲れた
日曜日は2試合をこなし、非常に疲れた~
2試合目は5回くらいまで投げたのかな。
ナックルを投げようにも雨の日だったせいで(?)投げられない(笑)
その代わり通常のピッチングはかなりよかった。
なんと言ってもコントロールがよかったのがいいね~

後は何とかして無回転のボールを投げること。
とにかく練習するしかない。

そういえばフェルナンデスが好投したらしい。
Yahoo!の実況ニュースを振り返ってみてみると
特殊球ばかりが並ぶ。
3回くらいまでしか見てないけど1球カーブとなっていたが
それ以外は全部ナックルだった。
非常にナックル率が高い内容だった。
ナックルボーラーがナックルの率が高くなると言うことは
ナックルに頼っている。ナックルが頼れる状態なので非常にいい。
コントロールも安定しているからストレートでカウントを取りに行かざるを得なくなることも少なくて済む。
結果、内容的にも非常に良いものだった。

あと高めに行っていたのは
伸びるボールが多かったせいか、それともただ単に高めに行っただけなのかはよく分からないけど
あの伸びてくるようなナックルは打ちづらいように思うけどどうなんだろうね~

これでフェルナンデスは良い時と悪い時の差が首脳陣にもハッキリ分かった感じだろう。
今回みたいな調子でストライクをどんどんとっていければ勝機は見えてくる。
ストライクを取ってくるナックルボーラーというのは怖い存在だと思う。
見逃せばストライク
振れば当たらない。
当たらないなら追い込まれてからは危険だと言うことになって
追い込まれる前に打とうとしてくる。
まさに思うつぼ(笑)

まぁ、どんどんストライクを取るのはかなり難しいことなんだけどね。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。