揺れるナックルボールは草野球で通用するのか?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ちたたさんの握り


連絡を取ると早速握りの画像を送ってくれました。
ありがとうございます。
「腕を振って押すだけです」とのコメントもいただきました。
写真を見て僕が一番思うのは
「指が長くてうらやましい」
いいなぁ~


まだ僕はあの頃おかしな握りでナックルを投げてた。
いやまだナックルなんて呼べたものではなかったかな。

自分では無回転が投げられることに驚き、感動しながら練習していた時にちたたさんと会ってキャッチボールをしたのだが、その時の衝撃はすさまじかった。

ゆらゆら揺れるとかそんなレベルじゃなかった。
ボールがうなりを上げて飛んでくる。
いつどのように変化するのか分からない。
変化してから反応したのでは間に合わない。
ボールが捕れない!飛んでくるボールが怖い!
すげーーーーーーーー!!!

上には上がいるものだと改めて思った。


ちたたさんブログが無くなってしまったけど
またいつか復活すると思って待ってますよー


明日は試合。
正式な球場での試合だから気持ちが良いね~
コメント
この記事へのコメント
え~名前は不真面目ですが
純粋な気持ちでナックルに勤しんでいます

テーマが【握り】なんですが僕の握りは
管理人さんや、ちたたさんの握りでは無く
指を曲げて弾くタイプなんです。

そのメリット・デメリットですが
メリット 球速が出る、制球が安定する
デメリット リリースの加減が難しい、爪に負荷がかかる、と。まぁこんなもんです。
あくまで私自身の体験です。
幸い、爪が強いので割れた事は無いです

管理人さんの言う、ある程度の速さは
押し出す握りだと限界がある様に思うんですが、いかがでしょうか?
2007/04/21(土) 01:04:09 | URL | 下行くフィールド #1CCw2CZc[ 編集]
管理人さん、ちたたさん、感謝です!なんか、お手数おかけしたようで申し訳ないです。
確かに、ウエイクフィールドの握りに似ていますね・・・。しかし、「腕を振って押すだけ」といわれても、それがなかなか難しいんですよね・・・どうしても、回転がかかってしまう・・・(笑)。しかし、ナックルは、元々多少の回転をかけるために、あのような握りをするのではないでしょうか。全く無回転で投げるのなら、フォークのように握って投げた方が回転しませんし、1/4~1/2回転くらいする方が変化するらしいですから。

今後も、管理人さんとともにナックルを極めたいです。受けられない幸せ・受けさせない幸せを早く味わいたいな~(笑)
2007/04/21(土) 17:41:30 | URL | ナックルウォッチャー #-[ 編集]
ナックルはどのような握り方でも球速の限界はあります。(当たり前ですが)
多分ストレートよりも30キロくらい遅いでしょうかね。
あとはどれだけ無回転になって、どれだけコントロールが付くかこれにかかってきます。
ただ今回の弾く方がスピードが出るのではないか?押し出す方法には限界があるのではないか?という事ですが
頭の中で考えるにはさほど変わらないように思えます。
100キロ出れば全く問題ないですし、90キロでも十分ですし。

>ナックルは、元々多少の回転をかけるために、あのような握りをするのではないでしょうか
これは僕の個人的な意見ですが、それはないと思います。
完全な無回転を作り出すためにあの握りがあると思います。ただ人間ですので多少の誤差が生まれてくるのでほどよい変化を生み出していると思う。
フォークの方が無回転になるのであれば、それはそれで良いのではないかと。小宮山のシェイクみたいに。

予測不可能な変化の極意は
90~100キロくらいの速度で無回転が投げられるかどうか?と言うことに尽きます。

握りはその過程ですのでさほど重要ではありません(笑)

それと僕の経験ですがボールの回転は1/2回転から2回転未満がよく変化すると思います。1/4では少し変化に乏しいかと。
2007/04/23(月) 18:14:36 | URL | 管理人 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。