揺れるナックルボールは草野球で通用するのか?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
開き
新しく買ったプラボールの調子がすこぶる良い!
ゴムの回転体にあまり焼き付かなくなったし、ボールも割れない。


さて、今日は少し多めにナックルを投げた。
どうもここのところしっくり来ない状態が続く。
投げられたり投げられなかったりする感じだ。

そこでもっと安定感を出すためにはどうすれば?といろいろ考える。
ナックルを投げる=ボールの回転をゼロに近づける
と言う行程にはかなり多くのチェック項目がある。
調子が悪くなるとそのチェック項目1つ1つに目を向け確認する。
新しい感覚を得るとチェック項目が増えたり減ったりする

そして今日昔よかった感覚の一つ
身体を開き気味に投げると言うのを試してみた。
踏み出す足(左足)をホンの気持ち左側へ出す。
靴の幅半分ほど。
これだけでも身体が窮屈にならずに投げることが出来る。

今日はこの感覚との組み合わせが良かったように思う。


そして最後に球速をもう一度測定することにした。
先日修理に出したスピードガンが帰ってきたばったりだしね。

ナックルは87キロ
ストレートは121キロ
ストレートは最速タイ。
でもナックルは84キロくらいまで球速を上げていくとさすがに回転するね…
まだ実力的には70キロ台じゃないと無理みたいだ。


20070413e.jpg

輪ゴムでくくりだしたぞ!!!?


コメント
この記事へのコメント
管理人様 次のヤンキース戦辺りで登板予定があるとうれしいですね。 しんさん
2007/04/15(日) 00:49:45 | URL | しんさん #-[ 編集]
そうですね~
なんとかビデオにとって参考資料にしたいものです。
2007/04/16(月) 21:19:37 | URL | 管理人 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。