揺れるナックルボールは草野球で通用するのか?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
打ちにくい球を投げろ
甲子園盛り上がってます。
僕自身も甲子園を目指して日々頑張ってましたが
甲子園そのものよりも自分がレギュラーで出続けようとする方に力が入っていたので正直甲子園なんてどうでもよかった(笑)
チームメイトは当然甲子園甲子園と言ってましたが、何故そこまで甲子園に執着しているのか理解できなかった。
まぁ、決勝まで進んで、あとつ勝ったら甲子園!?と言うところまで来ると意識は当然するでしょうが(笑)

さて、どうでもいい話はおいといて
試合の内容というか解説者の気になった言葉を1つ
大阪桐蔭の中田選手がピッチャーをしていた時の解説者

中田投手が投げるボールがシュートしていた事に対し
「シュートしてるでしょ。これが真っ直ぐ来るようになるといいんですよ」
みたいなことを言っていた。
確かにシュートの変化をしていた。
が、しかし何故シュートしたらいけないのか?
真っ直ぐ来るボールがいいのか?
と言うことに対しての解説はなかった。

バッターから見てシュートしてくるボールと真っ直ぐ来るボールとどっちが打ちにくいのか?
まして真っ直ぐ来たりシュートが来たりどっちが来るか分からないストレートと真っ直ぐだけのストレート。

日本人はきれいな投球フォームやきれいな球筋を美徳とする傾向が強い。
藤川球児くらいのバックスピンが強くかかったストレートで伸びるような錯覚を与えるようなボールはそれはそれでいい武器だけどね。

ピッチャーは速いボールを投げるのが目的じゃない
きれいなフォームで投げるのが目的じゃない

バッターに打たせないようにするのが目的だ。


いかに打ちにくい球を投げるか
いかにバッターのタイミングを狂わせることができるか

だからこそ上に書いたことを認識した上でナックルを投げようとしている高校生などがいたら
それは監督や先生などはその生徒を大事に育ててあげる必要がある

「ナックル?お前はアホか」という先生は世の中にごまんといるのが現状だ。

ナックルを投げる前にちゃんとしたストレートを投げろだとか、カーブを投げろだとか言うが、現実はちゃんとしたストレートとカーブを投げる投げ方が身に付いてしまってはナックルを投げる上で邪魔になるのだ。
最初からナックルを投げる投げ方に特化していった方がいい。

要するにナックルボーラーを目指す人にとって
上の先生の発言には
「ナックルを投げにくい体を作ってからナックルを投げろ」と言ってるようなもの。
全くナックルを分かってない人の発言にすぎないのだ。


ナックルが市民権を得るのはまだまだ先なのだろうか…

小さな努力だが僕はこのブログでナックルについてこれからも書いていこうと思う。
コメント
この記事へのコメント
真っ直ぐを投げようとしているのにシュートしてしまうと言うことは、体の開きが早いということですよね?
そう言ったフォームでは球の出どころも見易いというのが大きな理由ではないでしょうか。そうなっていないことの一つの確認方法が球筋だと思います。
また、単純に、球速が出ないこと、制球が定まりにくいという理由もあるでしょう。
実際、そう言ったピッチング展開でしたし、内容はひどかったじゃないですか?
結果的に抑えることが出来たのは、中田投手が打ちにくい球を投げていたからと言うよりは、『中田翔』という名前に押さえられたように思います。
2007/03/29(木) 22:22:12 | URL | 通りすがり #-[ 編集]
コメントありがとうございます。

返答を書いては消し、書いては消しの繰り返しで最後には何を書いてるのか分からなくなり今全部消してしまいました(笑)

表面的にはおっしゃるとおりです。
制球に苦しんだ内容でした

僕の言いたかった事は
そのコメントの深層に潜む
球速至上主義
真っ直ぐな軌道主義というものに疑問を感じたからです。
2007/03/29(木) 22:45:48 | URL | 管理人 #-[ 編集]
連レス、駄レスすみません
それから、打ちにくい球を投げるということについてですが、一番確実な方法は150キロ級のスピードボールを投げることではないでしょうか?中田投手はそれが出来る投手なわけですから。
もちろん、ただ速い球を投げるだけでは打ち取れませんけれど、マシンや道具の普及で、150キロを打ち返す高校生も出てきていますから。
しかし、ある雑誌に載っていたデータによりますと、プロ野球の投手を、真っ直ぐの平均が145キロ以上と以下で分けて比べた時、
ストレートの被打率に5分もの差があるのは当然としても、変化球の被打率にも5分もの差がありました。
中田投手が打者を押さえる場合、速い球を投げることが一番の近道でしょう。
しかし、彼のように速い球を投げられない場合は、様々な変化球、あるいは独特のフォームなどで打者を幻惑するということが有効だということは、理解できます。
その手段の中の一つとして、ナックルボールというものも当然ありますけれど、ナックルを批判する人というのは、デメリットの大きさからそのような答えを出しているのではないでしょうか。
ただ、個人的にはナックルを批判する指導者には出会ったことはないのでわかりません。
自分は高校時代に投手の経験はありませんが、同じチームの投手の一人は、球種としてナックルを試した時期がありましたし、それを監督も了承していました。
ただ、そのナックルはこのサイトでいっているようなナックルではなかったとは思いますけれど。
監督が彼のナックルを暖かく見守ったのは、彼が投球の幅を広げるために取り組んでいたこと、彼は身体的に恵まれてなく、球速が出なかったこと、その二点によるものだと思います。
トム・シーバーやノーラン・ライアンが突然ナックルボーラーになろうとしたら、監督はやはりやめさせるでしょう?
2007/03/29(木) 23:03:14 | URL | 通りすがり #-[ 編集]
三連投すみません
コメント返してくれてたんですね。ありがとうございます。
いつの間にかとんでもない長文になってましたが、自分が思ったことを簡潔にまとめると、
『そもそも、「打ちにくい球を投げる」ことの重要性を語る上で、150キロ球の中田投手と、打ち取るためナックルを駆使しようとする投手を引き合いに出すのは、少しおかしいのでは?』
ということです。
2007/03/29(木) 23:09:24 | URL | 通りすがり #-[ 編集]
いえいえ。こういう話で考えていくのは大好きなので(笑)

中田投手というのはこの際あまり関係はなく、簡潔に言うとシュートしたら何がいけないのか?という点ですね。

それと中田投手クラスにナックルを投げることも勧めていません。
2007/03/29(木) 23:16:48 | URL | 管理人 #-[ 編集]
管理人様へ お返事有難うございました。先ほどの秘密の書き込み、しんさん、です。仕事場のPCから送りましたので、秘密にマークが入っているのを見落としておりました。失礼しました。
 初めてこのブログにお邪魔したとき、少年野球のお手伝いをしていると書きましが、我がチームのコーチ(大人)にも、「軟式でナックルは無理無理」と一言で片付けられてしまいます。私が子供とキャッチボールをしていて偶にですが子供が「回転してね~」とか「今、揺れた~」と言ってくれる時があります。私が試合で投げる事は無いので、他のコーチはあほな事とでも思っているのでしょうが、出来ないことでも考えて努力をしてみようと言う姿勢を、子供たちに見せれればな~と思っています。この子供達の中からフルタイムナックルボーラーが出るといいな~。子供達(息子を含め)にいつも言います。
「90~100キロのスピードでこの球が投げれたらメジャーだ!プロだ!」と・・・。コントロールが大切ですが!明日の赤羽投手楽しみですね。
2007/03/30(金) 00:13:36 | URL | しんさん #-[ 編集]
>それと中田投手クラスにナックルを投げることも勧めていません

自分も、そういう読み取りかたはしてませんよ。
でも、少し文章が長くなったこともあって、混同というか、紛らわしい部分がありましたね。すみません
2007/03/30(金) 00:59:18 | URL | 通りすがり #-[ 編集]
ボールがシュート回転してはいけない理由っていうと
・外角に投げた球が真ん中へはいる
・回転によって打球が飛びやすい。
ってことなんですよね。
ツーシームやMFBのように意図して投げているならいいのですがシュート回転する球を知らず知らずに投げるのは危険と言うことでは?
2007/03/30(金) 12:26:21 | URL | #IUaQ81oo[ 編集]
はじめまして。いきなりですいません。
ちょっと気になった点があったので書いておきます。
一般的にシュート回転するのは悪いことだと言われていますが逆にそれを武器にして活躍している投手もいます。
また、藤川球児のように155km/hの直球で抑えるような投手もいるわけです。
そういった点から考えるとやはりその人その人にあった球を投げるのが良いと思いました。
何か最後のほう言いたいことがよく分からなくなってしまった気が・・・orz
それではまた。 長文すいませんでした。
2007/03/30(金) 14:22:26 | URL | 横はいりしますよ #SbOdM.ko[ 編集]
まあどんな球もコースと組み立て次第で
なんとでもなると思いますよ。
150キロだろうが、ど真ん中なら、スピードに慣れれば、素人でも打てます。
変化球ピッチャーもコースを間違えばボコボコ打たれる。
ただ、ナックルは真ん中付近に投げていれば・・・なんとかなるってところが、面白い。
その辺りがたまらない魅力ですね~^^
シュート回転するストーレートもインコースギリギリだと打ちにくい嫌なボールになるし、
剛速球が内外角に散らばると、ちょっとのことでは打てませんからねぇ。
解説は聞いてませんが、たぶん球質のコトでしょうね。意識して投げたシュート回転じゃないのが前提と言うことでしょう。

ありゃ?オイラも長くなってわけわかんなくなっちゃった(笑)
2007/03/30(金) 17:37:28 | URL | YO- #-[ 編集]
ものすごい数のコメント本当にありがとうございます。

まず
シュートしてはいけない理由とありますが
逆に考えてみると
真ん中に投げたボールがインコースに決まる
外のボールと思っていたボールが外角いっぱいに決まる
芯でとらえたと思ってもバットの根本に当たる
こう考えるとシュートもやっかいです


世の中にはいろんな投手がいます
いろんなボールを投げる投手がいます
その各投手に持ち味があります
そして今目の前にいる投手のボールがシュートした事に対し、いきなり
「シュートしない方が良い」という意味が分かりませんでした
バッターはキュッと曲がるシュートに対し全く手が出ないと言う状態でした。


結局今投げたボールが打者にとって打ちやすいのかどうなのか?と言うことです
打ちやすい、打ちにくいなんて二の次で、とにかく真っ直ぐ、妙な変化をしない球を投げてればそれで良いんだという考えが今の日本球界にあるのではないか?と言うことが言いたかったのです。

僕も訳が分からなくなってきました(笑)
2007/03/30(金) 22:06:30 | URL | 管理人 #-[ 編集]
はじめて書かせて頂きます。
確かに昔の日本球界には綺麗な真っ直ぐ回転が良い、という考えはあったと思いますが
日本人がカットボールなどを多投するようになった頃からそういう考えも変わってきていると思いますよ。

その解説者の方が言われた意味も最初に通りすがりさんがコメントしていた事を言いたかったんだと思います。

シュートを投げようと思って投げた球のほうが勝手にシュートしてしまう球より切れが良いはずですし
ボールに自分の目的意識が伝わっていなければ打たれるもんです。

長くなってしまいましたが、これで失礼します。
2007/03/31(土) 00:23:34 | URL | KOU #h8gSn/2.[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。