揺れるナックルボールは草野球で通用するのか?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アイソメトリック


ナックルボールは独特の握りをしている。
その為に他の球種では使わないナックル特有の筋肉(指先)の使い方をする。
ナックルには握力が必要だとか必要ないだとかいろいろ意見があるようだが、僕は握力は必要ないと考えている。
必要なのは握力ではなく、むしろ反対の指を伸ばす方の筋力だ。
ボールに引っかけた2本指を弾くとか押し出すとかそう言う力が必要になってくる。

上の写真のようにすれば比較的簡単に鍛えることが可能だ。
僕が採用しているのはアイソメトリックトレーニング。
右指を上へ、左指を下へ互いに押し合う方法。

トレーニングと言っても、ものすごい力が必要なわけではない。
毎回同じ力を出し続ける力が必要なのだ。

ボールを無回転にするためには指先の力加減は非常に繊細だ。
指先の疲れが増してくると、その細かい加減ができなくなる。
その結果安定した無回転が投げられなくなってしまう。

その為にも指先の力を7イニング投げきるまで維持させることのできる「筋持久力」が必要なのだ。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。