揺れるナックルボールは草野球で通用するのか?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
焦ってはいけない
今日は久々のキャッチボールとなった。と言っても中2日だけど。
それでも少しでも毎日続けて投げているのと、2日の間隔が開いてしまうのとではさすがに感覚が違ってくるね。
しかもここ最近新しいリリースポイント&手首の角度を調整している段階での休息は感覚を取り戻すのに少し時間がかかりそうだ。

1つ1つ投げ方を確認しながらナックルを投げていくのだが
どうしても腕を振る角度。サイド気味にというのを最後まで忘れてしまう。
すぐ気がつくのだが、ふと気を抜くとすぐ腕の角度が上がってきてしまう。
サイド気味と言っても実際にはスリークォーターくらいかな。

それでも今日は肩が軽かった。
慣れないトレーニングで腕にハリがあるが、肩の調子はかなりいい。
2日で十分な休養がとれたようだ。

今日はなかなかうまく無回転が投げられなかったが
こう言う時にで決して焦ってはいけない。
仮にこの段階で焦ってしまうと「この投げ方ではダメかもしれない」と考えてしまい元の投げ方にどうしても戻そうとしたがる。
ただでさえ調子が悪い状態なのにそこへ余計な焦りが加わるのだから
いくら元の状態へ戻したといっても無回転は投げられなかったりする。
で、結局新しい投げ方でも以前の投げ方でもどちらでも投げられないという状態へ陥ってしまう可能性がかなり高くなるからだ。
じっくり腰を据えて長い目で自分の投げ方に目を向けるのがベスト。

今日うまくいかなかったのは何故だろう?と考えてみるのもいいと思う。
今考えてみると今日うまく投げられなかった理由は
肩が軽くて、自分の思っている以上にリリースポイントが前に行っていたのだと思う。
それで正しいリリースポイントを把握できずにボールに回転がかかってしまったのではないかと。
そこを意識して修正しながらまた明日練習すれば大丈夫じゃないかなぁ~とかなり楽観的。

いろんなスランプを経験し、いろんなスランプから脱出する
そうしていくうちに自分にあった投げ方をマスターできるはずだ!


テーマ:野球全般 - ジャンル:スポーツ

コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006/02/01(水) 01:29:44 | | #[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006/02/01(水) 20:02:07 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。