揺れるナックルボールは草野球で通用するのか?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
新しいスニーカー
お気に入りのスニーカーがある。
使用頻度も高く、右足のつま先部分はかなり摩耗してしまっている。
仕事でも使用しているので汚れや使用感が増してきた。

前から新しいスニーカーを出そうと思っていたのだが、なかなかきっかけがなかった。
そして今日新しいスニーカーを出した。
緑化計画のせいでつま先にもやさしい(笑)

そして早速練習開始。
まずは近くから壁に投げてみる。
両端に人工芝を敷いてるので、距離が長い。
よってアスファルトむき出しの場所でボールを投げることに。

まぁ、最初だけだろうけど…
と思いながらつま先を使わないように投げていた。
そしてだんだんと距離を伸ばしていくうちにナックルも投げながら肩を暖める。

まだ人工芝のエリアまで届かないので右足を擦らないように
投げる前(リリース前)に右足を上げて投げていた。

その時に投げたナックルの感覚が今までにないような感覚だった!

おいおいおいおい!!
なんだよこの感覚は!!

投げ方の説明が上手くできないけど
リリースの瞬間ハンドボールのシュートを打つ感じかな?
左足一本で立ってるような。

その体制のまま右腕に体重を乗せる。

なんだかよく分からないけど、無回転でグイグイ変化しているよ


果たしてこれが今日1日限りの感覚なのか
それとも次に繋がる感覚なのか

明日になってみないと分からない。
「え?昨日限定だったのかよ!」なんて事はしょっちゅうあるからね。


今日の一言
毎日飲むようにと毎週ヤクルトレディーからヤクルトを1週間分買っている。
しかしついつい飲むのを忘れ、冷蔵庫にはものすごい数のヤクルトが!

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。