揺れるナックルボールは草野球で通用するのか?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
フェルナンデス
今日は晩ご飯を外食(ラーメン屋)に行った。
注文してから届くまでの間子供らが全く落ち着きを見せないので
ここは携帯でTVでも見せようかとボタンをポチポチ押してたら偶然にもフェルナンデスの入団記者会見をしていた。
子供らはTVが見られるとワクワクしながら待っていたのだが
予想外の展開に、TVを独り占めしてしまった(笑)

握りの映像もあったが、立てた二本指が真っ直ぐボールに向かってなかった。
果たしてどんなピッチングを見せてくれるのか楽しみ。

日本はドームが多いからダメだとか
ボールの縫い目が低いからダメだとかいう意見があるが、たぶん関係ないと思う。
風のないドームの方がかえって投げやすい。
縫い目の高さも問題ない。少し前に日本も少し高くなってるしね。

ただ気になるのは日本のバッターが初球から打ってくるような戦法は取らないだろうと言うこと。

それでもフェルナンデスのおかげで日本にも本当のナックルが浸透すればいいと思う。
巨人の前田のナックルなんてナックルじゃないということをみんな知って欲しいな。


ナックルの練習。
少し控えめにしようと思っていたのに、いざボールを投げるとナックルばかり投げてしまう(笑)
うまく行けば「良し!もっと投げよう!」となるし、うまく行かなかったら「あれ?これでどうだ!」「今度こそ!」と投げ続けてしまう…

でもとりあえず良い感じで投げられてるのでこのままの調子を維持していこうと思う。



今日の一言
チーム打率を計算してみた。
もちろん個々の打率も
1時間半かかったので疲れてしまったよ…(笑)

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。