揺れるナックルボールは草野球で通用するのか?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
解決の糸口を見つけよ
さて、ブログランキングというものに登録してみた。
いまいち使い方とかよく分からない(笑)
他の人のブログを見てたまに見かけるから何なんだろう?と思って。
とりあえず意味合いとしてはクリックしてもらうとランキングが上がるとか。
だからなのだろうか、他の人はクリックしてね!みたいなことが書いてあるけど、ここでは別にクリックしなくて良いです(笑)
そもそもランキング結果をどこで見るのかわかんないし(笑)

さて、今日も手首を起こしたナックルの練習。
最初は良かったのだがだんだんとボールが回転を始めた。
順回転のボールになってしまう。
逆回転なら修正しやすいが順回転の修正はちょっと難しい(経験上)

もがけばもがくほどボールが回転してしまう。
手のひらは相手を向いているか?と確認しながら投げてもうまくいかない。
体重移動、ステップ幅、投げ出し角度など
何故うまくいかないのか?どこがいけないのかを考えても分からない。
まさにドツボ・・・

でもまぁこうなってしまうのは昔は良くあった。
出口が見えず、何をやってもボールは無情にも回転しまくり。
回転を殺そうと指先で調整をしようとすればするほどうまくいかない。
そうした中で一球でも無回転で投げることが出来れば
今投げたその感じから解決の糸口を探ることが出来る可能性はあるが
全く駄目な時もある。

そしてダメ元で投げた一球が無回転になった。
リリースポイントを前にしたことで、手首の角度の調整をしていた。
しかしそれだけではダメだったようだ。

答えは手のひらの向き。
正面に向けるのが大切と思い込んでいたために解決が遅れたようだ。
手のひらをごく僅かに上向きに修正してやるとうまくいった。

これは予想だけど
手のひらを正面に向けることにより指先に加わる力が増す。
リリースポイントを前にすることによりさらに増す。
それが原因でボールが順回転を始めた。
そしてその力をほんの少し上に逃がしてやる事によりうまく相殺が出来た。

これで何とか解決出来るぞと思い、さらに投げようとしたが
ちょっと今日は肩が重いのと、爪への負担も考えまた明日にすることにした。
焦ることはない!と言い聞かして。



テーマ:野球全般 - ジャンル:スポーツ

コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006/01/27(金) 23:16:20 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。