揺れるナックルボールは草野球で通用するのか?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
がっちり掴まず
天気も良い。
気分も良い。

しかしナックルは不調。
マッスルとのキャッチボールではうまく行かず、ストレスがたまる一方。

こういう日はもう別の練習しかない。それで気分を紛らわす。
インコースのシュートとアウトコースのカットボールの練習をした。
カットボールは自分が勝手にそういってるだけで実際のカットボールとは違うのかもしれないけど。
スライダーよりも速く、ボール1個分くらい左にずれる球。
三振を取る球ではなく芯を外す球として使う予定。
シーズン後半にいろいろと投げていたら偶然発見した球種。
高めに浮いてしまう傾向があるのでそこさえ練習で修正できたら使えると思う。
今まで左バッターに対して外角のシュートを主体に組み立ててきたが
ここ一番カットボールでつまらせて打ち取りたい。

で、今日の練習自体はうまくいった。
左右にボール1個分変化するシュートとカットボール。
同じストレート系でもどちらかに変化する方が的も絞れないのではないかという作戦(笑)


そんなこんなで昼休みは終わったのだが、どうにも納得できない。
どうしてここ最近投げられなくなったのかを考えてみる。
仕事の合間、たとえ5分でもあればボールを握る!

ついにそれが功を奏した。
ロケットのイメージが良かったのかどうなのか分からないが
2本指で中心を押すと言うことのみに意識を集中する。
そして集中するためにはどんな握りが良いのか?と考えてふと気が付いた。
深くがっちりと握っていたここ最近。
それではやっぱりダメで、浅く、指先だけでボールの重さを感じるように投げる。
いい!すごくいい!

この感覚を忘れないうちに明日もう一度キャッチボールをしようと思う。


しかし…
なんでも明日から爆弾低気圧が来ると言うではないか!
寒いぞぉ~


今日の一言
仕事から帰ってきたらじぶんちの地域だけ水道工事のために断水!
水が出ないぞ!!

コメント
この記事へのコメント
はじめまして、私もナックルボールに興味がありここのブログの記事を読ませてもらっています。大変参考になります。ありがとうございます。
それから相互リンクを希望したいのですが、よろしいでしょうか?
2007/01/06(土) 19:07:21 | URL | Wikilosli. #hszi/IAs[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。