揺れるナックルボールは草野球で通用するのか?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スランプが来た!
とうとうやってきました。
もう来ないかもしれないな~とも思っていたんだけど。
何をどうやっても比較的投げられていた無回転。
試合でもまあまあ結果も出ていたナックル。
それが今日突然投げられなくなった!

いやぁ~久々だね。この不安感は(笑)
しかし落ち込んでばかりもいられない。
こうやって投げられたり投げられなくなったりを繰り返して
新しい感覚を身につけたり、新しい発見を会得しながら上達してきた。

昨日は雨で投げられなかったというのもあるのかもしれないが
今日投げてみて何がどうなってボールが回転してるのかが全く分からない。
回転方向は反時計回り。(ジャイロ気味)
親指が影響しているような感じ。

いつものようにいつものように…
と思いながら投げても全くダメ。
遅い球でも速い球でも無情にボールは回転する。

結局こういう時は自分ではいつもと同じように投げてるつもりでも
どこかが違う。だからボールが回転している。
握りもいつも通り、リリースの感覚もいつも通り
何もかもいつも通りなハズなのにボールは回転。気持ちは焦る。

昼休みに全くダメで、午後からの仕事中もナックルのことが頭から離れない。
5分くらい時間が空いたらすぐボールを持って壁にぶつける。
いつもとは違う握りを試したり、手首の角度を変えたり
ありとあらゆる事をして見るも全く効果はない。
おかしいなぁ。何がダメなんだろう。
なぜこんなにボールが激しく回転するのだろう…

そして手の中でのボールの位置を変えてみたら、それとなく無回転に近づいた。
ボールの位置を親指側から小指側へ平行に少しだけ移動させてみた。

そこでふと気が付いた。
ここ最近親指のことを意識しすぎていたのかもしれない。
親指の球離れ、親指の力のいれ具合、力の入れる方向、入れる箇所。
親指…親指…親指…と思っていた中で
自然とボールが親指の方へ移動していっていたのかもしれない。
ほぼ3本指で投げていたような感じで
いくら2本指で中心を押しても、親指が引っかかってボールが回転している。

今日考えついた解決方法。
グローブの中にボールをセットし、そこへナックルの握りでグッと押し当てる。
特に薬指にボールがしっかりフィットするように。
5本の指全部を使ってしっかりホールドするように心がける。
片側だけに力が偏らないようにして。

また明日投げ込んでみよう。
仕事が終わった後の時刻では暗すぎてボールの回転が確認できなかったからね
スランプもたまには刺激があっていいもんだ。
まぁ、こんな一瞬投げられなくなったような状態をスランプと呼ぶのもいかがなものかと思うけど(笑)


今日の一言
MRIの検査結果は明日分かるようだ。
相変わらず左手に違和感があるらしい。



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。