揺れるナックルボールは草野球で通用するのか?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ナックルの変化とは
昨日途中まで書いたナックルの変化について。

ナックルがなぜ打てないのか、どうしてキャッチャーが捕れないのか。
いくら鋭いカーブやスライダー、フォーク等でもキャッチャーは捕れる。
それはキャッチャーは何を投げてくるのか分かるから。
ボールの軌道がこうなるであろうという予測の元ミットを出せるからだ。

ナックルの場合来ると分かっていても捕れないことがある。
それはどう変化するか予測できないからだが、理由はそれだけではない。
仮にシュートとカーブをランダムに投げてもキャッチャーは受けることは出来る。それはなぜかどこが違うのか。

まず通常の変化球というものは一定の変化をする。
ボールが曲がり始めるとその曲線は乱れない。
だからボールを目で追い、その先を予測し、ミットを出すことが可能。
打者も同様でボールが曲がり始めたのを確認すると
バットに当たるミートポイントの瞬間は「ココ」に来るであろうと予測を立てられる。
鋭く曲がるスライダーといってもその変化はやはり曲線でしかない
ひらがなの「へ」みたいにカクッとは曲がらない。

また人間というのは動く物体に対して「点」でとらえている。
人の目には動いているように見えるが実際はパラパラ漫画のように
点でとらえたものの連続写真でしかない。
動体視力が良いというのはこの点が多いと言われている。
ピッチャーから投げられたボールは人の目には5つくらいの点でとらえられていると言うが、イチローくらいになると10くらいの点で見えているのかもしれない(憶測だけど)

少し話がそれたが、ここでナックルの話に戻そう。
ナックルの変化は他の球種にないほど異常だ。
真っ直ぐ来たボールが直前でサイドにずれたり
緩やかに変化してきたボールがさらに鋭く曲がったり、変化をやめそこから真っ直ぐきたり
右にいったん変化したボールが今度は左へ変化したりする
点でとらえてきた軌道が直前で予測不能な変化をしボールがどこに来るのか捕捉できない。
だから人間の目ではナックルボールを捕ったり打ったりすることが難しくなる。

極論を言えばナックルの変化はボール1個分で良い。
ピッチャーが投げてきたボールをバッターが目で捕捉&予測し、
バットを振ろうとした瞬間ボール1個分変化すれば、バットを振った時ミートポイントにあるはずのボールはそこにはない。
よって確実に打ち取ることが可能となる。

だからナックルというのは大きな変化は必要ではない。
バッターの寸前でいきなり鋭く変化する方がいい。
要するにバッターの予測範囲外の動きをすればいいので
変化の幅はさほど問題ではない。
といっても大きな変化をすれば投げた本人も気持ちが良いのは確かだけど(笑)

ウェイクフィールドが成功している1つの要因は
バッターがボールを捕捉した瞬間の微妙な位置から変化するナックルを投げられるからだと思う。


ちょっと今日は書いてて自分が訳が分からなくなってきた…_| ̄|○


今日の一言
明日は久々に野球も何もない休日(世間はクリスマスイブだが)
いったい何をして過ごせばいいのか…

コメント
この記事へのコメント
ナックルの捕り方で一番いいのは最後までミットを動かさないことだと思うんですが、
マッスルさんの捕球はどうなんでしょうか?
(偉そうにすいません)
2006/12/24(日) 17:07:02 | URL | コト #1CCw2CZc[ 編集]
ナックルの捕り方で適している捕り方はよく分かりませんが、マッスルの場合ストレートだろうが変化球だろうが関係無しに弾いてます。
いったんミットの中に収まっているのですが、ポーンと跳ねて出てくる感じですね。
彼もまだ野球歴3年ほどなので仕方ないのかなぁ~と思いますが、キャッチングがうまい人と比べて何が違うのかというと、手首の柔らかさかなと思います。
あと手を伸ばしきって捕ってる感じで、肘のクッションみたいな感じが使えずにボールが飛び出てくるのかなとも。
今度ピッチャー側から撮影してみるのも面白いかもしれませんね。
2006/12/24(日) 23:50:14 | URL | 管理人 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。