揺れるナックルボールは草野球で通用するのか?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
風向き
ナックルボーラーにとって風向きは気になる要因の一つ。

ではどういう風向きが適しているのかということになる。
最も変化が期待できるのは向かい風
変化が小さくなるのは追い風

ナックルを覚え立ての頃は向かい風が良かった。
速度が遅くても変化を得られるから。
ただある程度速度を出すことが出来て変化も期待できるようになれば特に向かい風は必要ないと思う。
打ち取ることが目的であればものすごい変化は必要ない。
キャッチャーが捕れなくなる方が問題だ。
さらに制球にも苦しむし、バッターにとって打球が追い風にさえなる。

追い風は変化が小さくなるので意味が無くなるし
横風はコントロールに苦しむのは明らか。

よって今現在僕のレベルで思えるのは
風向きは「無風」がベストだということ。

まぁこれがプロレベルになってくるとどうなってくるのかは分からない。
今度広島で投げるフェルナンデスやレッドソックスのウェイクフィールドはどう思ってるのだろうか?というのは気になる。


今日少しキャッチボールをしたら今までの肩にあった違和感の部分はほとんど完治していたが、今日新たに変なところが筋肉痛になっていた。
何が原因なのかよく分からないけど、明日の試合に少しの不安を感じた。

でもナックルの調子は良いようで肩さえ調子よければ十分いけそうだ。
ただ明日からすごく寒いらしい…
肩よりも指先の感覚の方が心配だと言えば心配。


右足の毛をすべて剃ってしまったが、今日朝マッスルが
「僕も剃ってきました。片足のすねの部分だけですけど」と言うではないか!
おーおーおー!
見たこともない自分の足にマッスルは大興奮しているようだった
あの様子だと両足を全部剃るのも時間の問題だ(笑)


今日の一言
今度の鍋は19日の火曜に決まった。ちゃんこ鍋をする予定

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。